趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

「東電に放射性物質を扱うノウハウが十分あるとは到底思えない」、、、、原子力規制委員

(東京新聞)

原子力規制委員会は二日、東京電力柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)の再稼働審査の進め方について議論し、福島第一原発事故を起こした東電は、放射能に関する技術力に疑問があり、原発を扱う能力を慎重に見極めることが必要との認識で一致した。


 この日の定例会合では、更田豊志(ふけたとよし)委員が「福島第一のリスク(危険性)低減が最優先課題だ。これからの(柏崎刈羽の)リスク低減と、今そこにある(福島第一の)リスクを低減することを分けて考えることはできない」と指摘。審査の際は、東電で事故収束と柏崎刈羽の対策の両方に責任が持てる担当者の出席が必要だと主張した。


 中村佳代子委員は「汚染水問題などでの東電の話を聞いていると、東電に放射性物質を扱うノウハウが十分あるとは到底思えない。同じ人たちが、(再稼働の)申請を出してきたことに驚きを感じる」と厳しく指摘した。


 議論を受け、田中俊一委員長は「法律上、申請があったものは審査を進める」とした上で、審査は東電の原発を動かす基本的な能力を中心に見極める方針を示し、了承された。


 柏崎刈羽では、事故時の作業拠点となる免震施設や防潮堤、建屋の防水など新規制基準が求める対策は既に進んでいる。


 しかし、東電は実質的に破綻しており、柏崎刈羽でも大事故が起きれば、資金、人員面で対応できるのか大きな疑問がある。福島第一の事故時は柏崎刈羽から多くの物資と人員の支援を受けたが、二つの事故を抱える事態となった場合は、柏崎刈羽単独での初期対応を迫られる。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2013100202100020.html

※やっと規制委員会でこうした議論がおこなわれるようになった、、、今頃言い出すのも遅すぎる!国民の多くはとっくにその事を散々批判して来たのも事実です。
とは言え、規制委員会で東電を公式に批判し始めた事は遅まきながら、名前だけの規制委員会ではなさそうですね。
国民の声をもっともっと反映する委員会に変わって行ってもらいたいものです。

コメント

コメントはありません。