趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

生まれ変わりや過去世というものは、ほんとうにあるのでしょうか?

人間は、永遠の生命を持ち、何度も生まれ変わっている

宗教は「あの世の世界は確実にあり、それが人間の本来の世界である」と言うことを、繰り返し繰り返し、みなさんに延べ来ました。

そして、「この世で生きている数十年の人生というものは、ほんのひと時の夢、あるいは一時期の旅行にしかすぎないのだ」ということも、繰り返し繰り返し述べてきました。

人間は、永遠の生命、不滅の生命を有しています。
そして、何千年、何万年、あるいは、それ以上の長い長い歳月を、魂として生き抜いているのです。
その間、この地上では、両親の縁によって肉体という、“乗り物”に魂が宿り、子孫が繁栄し、何度も何度も魂修行をなすことができるようになっているのです。


いろいろな文化・文明を経験できるのは、素晴らしいこと

「なぜ、そのような複雑怪奇な事をするのだろうか」と思う人も、おそらくいることでしょう。

「霊として、そのまま霊界で生活していたらよいではないか。
何ゆえに、わざわざ肉体に宿って生まれてきて、人生の“川下り”をしなければならないのか。やがては死んで、あの世にかえらなければならないのに・・・」と、不思議に思う人もいるかもしれません。

しかし、この転生輪廻の秘密をわかりやすく述べるとするならば、「これこそが、実は、仏の発明した最大の幸福論かもしれない」と思えるのです。

人間は、肉体に宿って、「自分は○○という名前を持った固有の存在だ」と思って、一生懸命に人生を生きるわけですが、永い永い転生の記憶からすると、「それは、ある時、ある劇に出演した配役の名前にしかすぎない」ということが分かります。

「人間は、いろいろな時代の、いろいろな舞台での劇のなかに、違った名前の役者として出演し、縁起の腕を磨いている」という事実が分かってくるのです。

今は日本人として生きているかもしれません。
しかし、一時代前には中国人だったかもしれません。
あるいは、イギリス人だったかもしれないし、アメリカ人だったかもしれません。
かってはインドやエジプトに生きていたかもしれません。

そういうことを心のなかで思い描いてみてください。
素晴らしい経験だと思いませんか。素晴らしい世界だと思いませんか。
いろいろな文明の、いろいろな文化が花咲いているときに、生まれて、大きくなり、仕事をして、恋をし、結婚して、子供を育て、そして老いて死んでいく・・・。

老いて死ぬことは非常に悲しい事ではありますが、それを経ることによって、さらに次なる機会が与えられるのです。

コメント

ゆめこさん

2013年08月09日 07:37

この世は長く感じるけど、あの世から見たらほんの一時だとか、本当でしょうか?
この世に勉強に来てるのね、勉強終わると帰る

楽な人もいるが苦労の人もいますね、それも自分で選んで生まれて来ると言う

家の主人の話
昔〜夢を見たらしい
それは、あの世にいるとき、順番待ちしてた、楽なこの世に決められたらしいけど
順番がかなり待たなくていけなかったらしい
なので、早く順番がくるところへ来たと、いつも言ってる
ほんとは、良いところに生まれて来るはずだったと・・
だから、未熟児で生まれて来たようです、せっかちな性格、あの世の世界でもせっかちだったみたい。