趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

3/10 R★☆~【能楽鑑賞・国立能楽堂3月公演】~

このイベントは終了しました

3/10 R★☆~【能楽鑑賞・国立能楽堂3月公演】~
開催日時:

開催場所:東京都渋谷区千駄ヶ谷4-18-1 国立能楽堂 地図を見る

このイベントは終了しました

コミュニティ R★☆〜【ルネサンス】〜 Art Lover〜☆コミュ
主催者 ☆エーデル
カテゴリ 舞台・伝統芸能
タグ
  • 国立能楽堂
  • 能楽鑑賞
料金
  • 4900円
料金用途 鑑賞券4900
参加人数 7名
募集人数 8名 受付終了
最小催行人数 3名
対象 ルネサンスメンバー限定。
開催日時
開催場所 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-18-1 国立能楽堂 地図を見る
募集期間
イベント内容     ~~~【能楽鑑賞・国立能楽堂3月公演】~~~

梅の香りが春を告げるころ、能楽鑑賞はいかがでしょう。
解説や字幕付きなので、初心者の方にも親しみやすくなっております。
能が初めての方もこの機会にご一緒しましょう。
能の前は狂言があり、そちらも楽しく鑑賞できます。

狂言:墨塗(すみぬり)井上松次郎(和泉流)
あらすじ:
大名との別れが悲しいと女は泣きますが、実は泣くふりをしています。それに気づいた太郎冠者は、女が涙に見せかけてつける水を墨に替えてしまいました、、、


能:船橋(ふなばし)東川光夫(宝生流)」 
あらすじ:
船橋を渡り逢瀬を重ねる男女。二人の間柄を快く思わない女の親は橋板を外し、男は川に落ちて死んでしまいます。「万葉集」の歌を題材に描く、恋の物語。

       ~~~~~~~~~~~   

イベントレポート

もっと見る

キノさん

エーデルさん、参加された皆さん お疲れ様でした。
お陰様で63歳にして初めて、正式な能楽を楽しませて頂きました。(笑)

前半の演目である狂言は喜劇で、私のような初心者でも演者の表情だけで十分楽しめました。
独特の音階をもつ言い回しも、何となく意味は理解でき、時間の経過とともに その響きも耳慣れして来て心地良さを感じるようになりました。
能楽堂の床は響きを考慮して設計されたようで、演者が時に強く足で叩くと大太鼓を鳴らした時のような低振動が会場に広がり、演出面での効果はバツグンです。

20分という短い時間に詰め込まれた演技は一寸の無駄も無く、見る者の集中力を切らすことはありませんでした。

一方、後半の能は70分、所作は「静」と、狂言とは対照的で 私は不覚にも途中睡魔に襲われてしまいました。。。(^^;
こちらは、今少し通って勉強の必要がありそうです。

それにしても能の世界の所作は普段と異なる動きや姿勢、独特の発声方法と、大変個性的で 長く引き継がれて来た伝統と歴史を感じます。

本イベントのお陰で、能楽との縁が出来ましたこと 感謝しております。

ミクロさん


エーデルさん、お席見易いところ取っていただいて、ありがとうございました。
大学の講義のような説明付きなのにはびっくりしましたが、あれとモニターのおかげて、能初心者でも少なくとも内容は風邪薬で少しもうろうとしていた私にも理解できました。
これが世阿弥が書いたまま何百年も演じられていると思ったら感動しますね!
かつて、物凄く昔で今はもう手元に本がないのですが、杉本苑子さんの作品で、華の碑文という作品を思い出しました。世阿弥やその一族の生涯を室町幕府の権力者とのかかわりなどを含めながら、世阿弥が田楽という泥臭い神楽をいかにして高め、何百年も生き残る芸術に育てていったか、その芸術家としての苦悩が描かれていました。もちろん、フィクションな訳ですが、かなりきちんと調べた上で、小説として膨らませたとても良い小説でした。今やクラシックの作家になってしまいましたが、ライトノベルにはない重みは、未だに私が覚えているってことからも、わかりますよね。ご興味がある方は是非ご一読下さい。あくまで私の個人的趣味ですが、難しい能の事が書かれているわけではなく、人間ドラマです。

参加者専用伝言板

公開伝言板

公開伝言板に書き込んだ内容は、すべての会員が見ることができます。参加者専用伝言板はイベント参加後にご利用になれます。

コメントはありません。

機能変更のお知らせ

1, 「参加者全員に連絡先を送る」は「主催者連絡先を教える」に変更になりました。

今までは参加者全員にミニメールで主催者連絡先を送信していましたが、これからはイベント詳細ページに主催者連絡先が表示されます。

1, 「参加者全員に連絡先を送る」は「主催者連絡先を教える」に変更になりました。

※主催者連絡先はイベント参加者のみにしか表示されません。 ※主催者連絡先が記載されたことはアラートで参加者に通知されます。

2, 「参加者全員にミニメールを送る」は「参加者全員にお知らせを送る」に変更になりました。

今までは参加者全員にミニメールを使って連絡していましたが、これからは参加者専用伝言板を使って参加者全員にお知らせを送ることができます。

2, 「参加者全員にミニメールを送る」は「参加者全員にお知らせを送る」に変更になりました。

※参加者専用伝言板に書き込みがあったことはアラートで参加者全員に通知されます。 ※参加者専用伝言板はイベント参加者のみ閲覧可能です。