趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

聖子〜The idol〜

最近、聖子についての話題がなにかと多い。なんでも、いよいよ“あまちゃん”に出演する、なんて噂もあるようだ。→http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130819-00000006-pseven-ent

この件については、実際に実現したら書くこととして、まずは先週の雑誌AERAに載ったこの記事。→http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130815-00000005-sasahi-soci

いかにも、AERAらしい記事だが、聖子が“野心的な女性ランキング”の一位とはね。別に聖子を貶しているわけではないし、仕事でもプライベートでも世間的に見れば、十分すぎるくらいの“勝ち組”である聖子を成功した女性の“模範例”としたいようなのだが・・・うーん、でも違うな、やっぱりずれているよ。

そもそも“野心”というのは、単純な向上心とか強い意欲というだけなのではなく、その意欲や欲求の対象が社会的な地位、そこに付随する権威、権力といった、社会的ヒエラルヒーに強く結びつく場合に使われる言葉だ。多分だけど、聖子は強い意欲も向上心もある女性だし、社会的な地位など全く気にもしないという悟り切ったような人でもないと思うが、といって、それにがつがつと固執する人でも絶対ない。現に聖子は芸能界の人間関係・上下関係からは全く超然として、自分の周囲に気の合う仲間を集めたり、その中でボス風をふかすようなことも一切しないし、興味も持っていない。芸能界のステータスである紅白歌合戦の出場にもこだわりがないようだ。たまにテレビ番組に出ても、そこでかつてのひばりのように“女王”としての貫録を吹かすこともしない。そもそも業界の内でも外でも、権威や権力を求めて社会的な影響力を行使しようなんてことは頭には全くないようだ。キャリアを捨てることなく、母親として娘を育て上げ、そして3度の結婚をしたけれど、こうしたプライベートな事柄で自己実現を求めたからといって、これを“野心”があるなんてのは当たらないでしょう。結局、AERAほどの比較的真面目なマスメディアであってもこの程度、聖子を理解しようなんて気はないのだな。

聖子はきっと抽象的な社会的権威なんてものはピンとこないのだろう。それより、彼女はもっと具体的な五感の感覚、見て、聴いて、触れることで実感できる世界を大切にする。何よりも彼女が求めて止まないのは、ステージの上での嵐のようなファンの拍手と“セイコ、セイコ”という自分を求める声援を体全身で思い切り浴びること、そのために、聖子自身がファンの夢の中で生きてゆくこと。この30年以上、聖子はこのために自らの精力のほとんどを惜しみなく投資してきた。聖子は歌手という“音楽家”であるけれど、といって、ひたすら自らの理想とする内なる音を追い求めると言う芸術家ではない。音楽も聖子にとっては、ファンの夢を形作るための手段のひとつに過ぎないのだから。今や、聖子の代名詞となった“永遠のアイドル”とは、こう云った彼女の在り方のことなのだと思う。

僕は女性が社会的影響力をもっと強く持つことは絶対に必要だと思うし、聖子がそれを目指す女性たちにとって、心強い存在であることも理解しているつもりだ。しかし、一方で、女性がいくら社会的影響力を大きくしたとしても、勝間さんのようにそれが今の女性の立場、というか視線を抑圧した上でのオヤジとの同化の上でなされるものなら、価値は半減だと思っている。聖子の存在が、女性史的に価値を持つとすれば、それは女性であることをいささかも譲らずに社会の中で自己実現を果たした、ということだろう。それに“野心”などというオヤジ的価値観にまみれた言葉は相応しくない。

また、前置きが長くなりすぎ、音楽のスペースが足りなくなった。というわけで、今回は特別に、この季節に相応しい“白いパラソル”を。→http://www.youtube.com/watch?v=Ubv73Se87yo
この頃の聖子、喉の調子が良くないことが多く、本人としては不本意であろう歌唱が多いのだが、それでも歌っている時のこの嬉々とした表情。この人はこういった時が一番、幸せなのだろう。それにしても、心は砂時計ってどう意味なのだろう?夏の渚のデートに誘ってくれた少年の気持を掴みかねている、少女の不安定な心の揺れを表現しているのだろうことは詞の流れからわかるけど。ぎこちなく会話も進まない中、何もできないまま、時間だけが過ぎてしまう、そんな比喩なのだろうか?色々な解釈が可能だろうが、ひとつだけはっきりしている事。この曲、体全体で溌剌と歌っていながら、ただ一方的に明るく元気なだけというのでもなく、どこかふとした翳りも感じさせる聖子の声だからこそ成立する歌なのだということ。先日のNHK番組で聖子と一緒にAKBやらももくろ、Perfumeなどを聴いて、改めて聖子の声の不思議さを感じいった。声が単色でない、もっと複雑な色合いを持っているのだ。

コメント

まおさん

2013年08月22日 09:58

聖子ちゃんのHPに載ってました〜
サイン入り!
いったいいくらするのかなー

ボッサクバーナさん

2013年08月21日 19:16

こんにちは。ありゃ、こんなものがあったんですか。どこで売ってんの?もしかしてフローレスセイコ(といいましたっけ?)

まおさん

2013年08月20日 22:41

聖子ちゃんの限定ウサギちゃん
ほしいです〜〜
抽選らしいですね
当たらないかなーー