趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

3号機問題

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013072402000123.html

この数値は5時間居れば確実に死にいたります。

元々3号機は人が近づけない高い線量ですが何が起きているのでしょうか?

水位が下がっているのでしょうかね。。。?

それとやはり気になるのは環境への放出による放射能汚染でしょう。

風の流れ、、要は運次第と言えるでしょう。

ここで明らかなのは全く収束に向けて進んでいない事が分かる状況です。

それと線量を常にチェックしなければならないでしょう、、、それが一時的なものか

どうかを見極め高い数値が継続するようであれば真剣に考えなければなりません。

http://radiation.yahoo.co.jp/

そして自分なら何処まで我慢できるか判断が重要だと思います。

コメント

コレクターさん

2013年07月26日 18:40

以前1号機と2号機の間で10000mS?を超える線量が検出されましたがそれは

核燃料のせいでして今回のはそれと違い状況が異なります、、と言うのは湯気がでている

のが気になります。

今何気にライブカメラを見ると霧で覆われ視界がOにi近い感じです。

コレクターさん

2013年07月26日 15:27

無論風の流れもあるがガレキ焼却の影響で数値に変化も。

http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-2264.html

こちらにある空間線量は自然放射線も計測するのであまりアテにできない。

放射線量は放射性セシウムの値を計測するので本題に貼り付けた数値を基本に見なければ

なりません。