趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

オリンピック、消費増税決定したのに??

10月から、日本株上昇と思ったのも、つかの間、大きく下げています。
織り込み済みとか、なんとか、多分、こじつけかもしれませんが・・

アメリカの予算が執行できないのが、多少あるのかもしれません。

でも、基本的に、先のことは、わからないのが、世の常です。
ですから、あまり、大きく動かず、コツコツと行きましょう。

さて、今回は、上がる可能性の高い株を見つけ出す方法に
ついて、書いていきます。資料は、
1)四季報(ネット証券で見れる)(東洋経済)

2)その会社のHP決算短信(中期経営計画あれば参考に。)。

3)有価証券報告書(5年分の四季報みたいなもの):株主プロ(サイト名)

*四季報(東洋経済)SBI証券ので見る場合
四季報の財務状況で、過去3年実績と今後2年予想が書いてある。

財務状況
1)自己資本比率:最低40%以上、できれば60%以上が良い。

2)利益剰余金は多いほど良い。利益剰余金/自己資本:大きいと良い。

3)有利子負債(少ない程よい)0なら、完璧(無借金銘柄)

ページの上半分
2期前、先期、今期予想、来期予想の、売上高、営業利益、純利益を
みて、ザックリ、株価が上がりそうか、予想を立てる。上げ潮株に注目
予想配当利回、3%以上だと、更に良い。

ページの下半分
キャッシュフロー=CF
営業CF大きいのが良い。営業CFがマイナスは、投資対象から外す。潰れるかも!
営業CF+投資CF=フリーCF(自由に使える資金)多いのが良い。
現金等も多いと良い。現金等/自己資本:大きいと良い。

ROE10%以上又は、ROA7%以上は、高利益銘柄で将来性高い
過去の最高純益をみて、今期予想がそれを越してれば、
過去最高益銘柄で非常に株価が上昇する期待が持てる。

企業概況:その会社の仕事分野、事業の比率、現在取り組んでる仕事と
今後の予想、特に何に力を入れてるかわかる。3番目の項目のタイトルが重要
最高益、急上昇(BEST)、増額、増益、(Better)と意味がある。

資本異動:ここには、過去の高値、安値と株式分割や公募増資の情報。
株式分割、分1→2を定期的にしてる銘柄は好調。償却(自社株買い)で良い。

今日は、四季報の見方という事で、終わります。
次回は、会社HPの見方(中期経営計画含め)
その後、有価証券報告書、株価が割安かどうか調べ方なども
週1-2回程度、書いていきます。

質問は、大歓迎します。質問してね!

コメント

コメントはありません。