趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

バブル崩壊を分析する。

ご無沙汰です。私は2年近く相場を見てるだけでした。
そのため、最近、趣味人俱楽部に連載小説を投稿する様になって8ケ月になり小説を書く事に夢中になってます。

しかし大型優良株の下げで、たまらず1銘柄買いました。
今日は、久しぶりに株の話題を書きます。

ちょっと小さくて見にくいかも知れませんが資料を見ると、バブルと時間経過、バブルが始まってから、終了し
上げ始めるまでの動きがわかります。
今回のバブル崩壊は結論から言って、かなり厳しく、上昇開始まで時間がかかると思っています。
その理由は世界中が景気低迷から脱するために10年も
金利引き下げと金融緩和を続け、世界中に金融緩和マネー
があふれ出しました。そのマネーが米国ハイテク企業投資に集中し急上昇し割高になりました。割高でも成長すれば
問題ないのですが、永遠に成長することはありません。
最近、息切れしてきたのです。加えて、米国大統領のむちゃな言動。北朝鮮問題、テロ問題、中国問題と問題山積。
これらを考えると、今回のバブル崩壊はリーマンショク
に近いか、または、期間的には長くなるかも知れません。
こういう時に投資をする場合、大型優良・高配当株を
中期、短期売買した方が安全かも知れません。投資対象の見つけ方は、この3年間のチャートを見て平均値以下の水準まで下げている銘柄が対象になると思います。
たとえば9433、6724、5801、2914(これは格下げの影響もあるが)など、あくまでも例です。

ただし、持株が少ない人だけが対象になります。
持株の多い人は、上手に損切りをすべきです。

やってはいけない事、見るべきポイント。
1:昔の名前で買ってはいけない。(現在の業績)
2:下手なナンピン買いより、上手な損切り。
3:将来性のない、有名企業は買わない。
4:好財務銘柄選択、有利子負債と利益剰余金をみる。
5:(営業CF/営業利益)理想100%、小は駄目。
*現金を生み出す力が弱い競争に勝てない。
6:日本から、海外へ出る企業。日本市場の拡大はない。
7:新商品開発、新領域投資企業、将来性を重要視!
8:持株が少なく、資金的に余裕がある人は、購入銘柄を
絞り3回以上、買い下がれる価格の銘柄を追うこと。

コメント

コメントはありません。