趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

ご無沙汰しています。

最近の世界情勢や日本の経済データを見て感じること
について書きます。

世界情勢
1:アメリカ・トランプ大統領など首脳のアメリカ第一主義にで、世界平和、自由貿易へのリスクが高まってる。
2:世界中の緩和マネーが、アメリカに1極集中。
3:アメリカ経済は10年米国債の金利が3%超から、下がって2.6%になっているのは、何かがおかしい、通常、
米国の株価を見ると少なくても3~3.5%、場合によっては3.5%以上になっていてもおかしくないと思う。

経済専門家が、アメリカ株が、いずれ大きな下げがあるかもしれないと言う根拠になって理由がここにあると思う。

日本の経済
これは、間違いなく、下がって来ている。今日発表された
賃金の下げは、致命的。世界各国で賃金の伸び率が高いか低いかと討論している時にマイナスというのは最悪。これで増税したらどうなるか、これは自明の理であろう。

日本の物価や賃金が上がらない理由は、1:出産数の減少による人口減少、2:年金の問答無用の下げ、年金が下がれば、需要が減るのは当たり前。3:企業が会社の有利子負債をゼロにして、現金、現金同等物を増やし続けて、利益の分け前を勤労者に渡していない事による。4:非正規労働者、外国人の労働者などの賃金が全体を押し下げている。

マイナスや利ざやを稼げないために、スルガ銀行のようなインチキ商売を見ると、バブル崩壊の時の銀行株の崩壊を思い出す。

こう言う点からみて、私個人は、日本株投資は、ほとんどしてない。いま、株の売買、特に日本株売買は、投資ではなく、投機だと言えよう。

以上の事から、今後、まともな市場に戻るまでは、自信を持って投機に参加できる人以外は、いたずらに、高配当、高優待株を買い続けることを奨めない。投資は、あくまでも、3、5、10年を見て、その流れを見て、今後の動きを予想して、中長期に投資するものだと思っています。

みなさんも、決して、株の投資を短期の上げ下げのバクチで儲け様と考えるべきでないと思う。それは自分の身体、心・マインドにとってもm財布にとっても良くないと思うからです。 以上です。

コメント

TA2さん

2020年05月30日 09:40

久しぶりにコメントを見ました。