趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

「許されざる者」

映画が始まって、真っ白な雪原。時は明治二年である。残党を追いつめる政府の官軍たち。一人また一人と殺されていくシーンの背後に、当時の明治政府の政策がナレーションされる。

殺された兵士たちの傍らに光る刀の輝きのショットにまず目を奪われる。真っ白な景色と真っ黒な兵士たちの体、その傍らに光る銀色の刀。並の感性を越えた絵作りに引き込まれるのがここからである。

クリント・イーストウッド監督主演の傑作のリメイク版で、監督は李相日。リメイクとはいえ、久しぶりに日本映画の傑作に出会った瞬間である。

映像演出とはいかなるものかを目の当たりにする。これが画面作りです。ぜひ、体感してください

コメント

キーマオさん

2013年09月25日 21:16

おもしろかった。
人間の性格付けが良い。
本当の悪人はいないような映画。

映像が綺麗。
丁寧に撮ってある。
若い監督なのでこれからが楽しみです。