趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

予習と思ってみてみたが。。。「花の慶次(前田慶次)」

来年の雪組大劇場作品は前田慶次を題材にした作品。なので、その漫画を見ようと古本屋に行ったけど。。。。漫画では、結構前に連載されており 知っている人はいるかもしれないが、「北斗の拳」を書いていた原さんが書いている。北斗世代の私は当時は週間ジャンプで彼の絵を見ていたが、単行本になると なぜか見づらい。。。相変わらず、人をぶった斬る描写がスッコーーンとかかれており、いろんな逸話を織り交ぜているようだが、完結で18巻。結局、1巻を途中まで立ち読みして 「なんだか、スイスイと読めないので予習はせずに大劇場でお会いすることにしよう!!」と決めました。
この漫画を題材にするのかはわからないけど、まあ有名どころではあるので、宝塚作品は見てみようと思いました。

腰の据わった壮さんの和物はそれだけで魅力的です!!

コメント

もめんさん

2013年09月24日 11:30

浅葱さん、
今のマンガは文庫版だったり、愛蔵版だったり、完全版だったり いろいろですね?? やはり見づらいですよね?? 私は「シティハンター」を書いていた北条司さんの絵が一番好きです。描写が丁寧でとにかく、見やすいことが不可欠ですよね??

小説ですか?私も挑戦しようかな?
情報、ありがとうございます。

悠月さん、
ラブリンさんの主演? 半沢の黒崎とは真逆ですね? マンガの第一巻で 悪魔のような大きい馬「松風」を慶次がてなづける場面があります。昔、花組で壮さんが「オグリ!」を演じたとき、やはり大きな馬、頭だけでしたけど出てきました。 それにヒントを得たのかなあ??
前田慶次は大柄で歌舞伎者、また教養豊かな人物だったとのこと。壮さんにぴったりですね??
私も華やかな和物になりそうで本当に楽しみです!!

悠月ゆりかさん

2013年09月23日 12:53

壮一帆さんの前田慶次は演目が発表された時から、わくわく楽しみにしています!
前田慶次の作品は、大阪松竹座で片岡愛之助さん主演の舞台を観ました。
とても面白かったです♪
宝塚歌劇ではどう描かれるのか?本当に楽しみです。

浅葱さん

2013年09月23日 09:59

私も資料用に頼まれて全14巻(私が買ったのは完全版で全14巻でした)を買ったものの、
読みづらい・・・爆
漫画は好きだし、北斗の拳も全部読んだのですが慶次郎はgave upでした・・・苦笑
原作の小説の方が読みやすそうなので来年までチマチマ読もうと思っています。
有名な武将がたくさん登場する話ですので他の配役も楽しみです!