趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

ティオティワカン (メキシコ)

今日の「世界ふしぎ発見」はメキシコの世界遺産ティオティワカンです。

メキシコシティから50Kmの場所にある遺跡は、BC2世紀からAD6世紀迄の間に栄えた都市遺跡です。
計画的に造られた都市で、人口20万ともいわれ、同時代のローマに比肩する規模でした。

太陽のピラミッド、月のピラミッド、5Kmに及ぶ死者の大通りに沢山の集合住宅、ケツァコルト神殿などが整然と並んでいます。 ピラミッドに登ると街全体が良く判ります。

当時唯一この地域から緑色をした高品質の黒曜石が採れ、鉄の無かった時代の武器や器具として重宝され交易で大いに栄えました。 遠くマヤからも出土しています。

このティオティワカンには、王宮が無い、王の墓が無いという特徴が有りますが、現在ケツァコルト神殿の地下の発掘が行われて、王の棺が出るかもしれないと期待されています。

番組ではティオテイワカンとUFOを関連付ける内容を放映していましたが、ちょっと無理筋の感がありました。 ここに限らず、エjプト、マヤなど古代文明は天文と密接な関係が有るのは、権力者が一般の民に農耕の時期を教えると言う事で権威を示す必要があったからだと思われます。


写真  ティオティワカンの街 手前月のピラミッド、奥タイヨウノピラミッド
     集合住宅
     黒曜石の武器

コメント

ミーミーさん

2013年10月06日 14:09

ティオティワカンには、8年前に行きました。

10年ほど前、なぜか急にピラミッドに登って見たくなったのですが、
残念ながらエジプトのピラミッドは登らせて貰えないので、仕方なく
ティオティワカンのピラミッドに登って来ました。

カズノリさん

2013年10月06日 02:03

メキシコ・シティー旅行時に ティオティワカン見学したので、興味津々に見ました。ピラミッドの頂上にも登りましたけど、壮観なる眺めで・・ちょっとプレデターになった感じで・・・^^ SF映画の影響ですが・・・