趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

第二回オフ会 その?

いなか浜さんが当地に来ているので、私の骨休めも兼ねて(それが第一?)諏訪湖方面に遊びに行ってきました。

諏訪湖は長野県で最も大きい湖で標高も高いためこの時期は避暑地として知られていますが、今年は湖面を流れる風もあまり涼しくは感じられません。

それでも高台の立石公園から見た姿はなかなか雄大です\(^o^)/(左写真)

この日の宿は立石公園のすぐ下にある温泉旅館(湖月館)に予約しました。

それがなんと・・・一泊二食に缶ビール(またはお酒)が付いて6000円!(@_@;)

民宿より安いですが、れっきとした源泉かけ流しの温泉にいつでも入れる宿です。

岡谷側の湖畔には足湯があり、子供連れの母親たちが大勢来ていました。

いなか浜さんと足湯に浸かっていると、軽トラが雪を積んでやってきました(真夏に雪?)

これは近くのスケート場でできた氷のかけらだそうですが、どう見ても雪でした(中写真)

足湯は熱め(約44℃)で、温まった足で雪を踏むと脳天まで冷たさが伝わります。

そんなことを交互にやっていると「夏の暑さもまんざらでもないなぁ」と思えてきました。

その日の昼食は地元の皆さんもお勧めの鰻屋の「やなまぶし丼」でした(右写真)^^

コメント

まちりのさん

2013年08月22日 19:37

ぶぶ^e^さん  そのような物語の所でしたか
最近のデジカメを持って、また行って見たいです。

ぶぶさん

2013年08月22日 16:11

すいません。間違えました!御頭祭りは下社のお祭りでなくて古くからの上社のお祭りです。
「神長官 守矢史料館」へ行かれればこの鹿たちの頭が壁一面に飾られています
御射池といえば御射山がビーナスラインを上った霧が峰の七島八島の湿原の奥にあります。
この湿原では高原の花々が四季折々に見ることが出来きます!
初夏にはシュレーゲルアオガエルの声を聞きに行くのもオツです^^
此方の八島ビジターセンターでは、行く度々にカエルのガチャポンにハマリ、我が家には何匹ものカエルたちが壁や机に^^;; 長々と失礼いたしました<(_ _)>

ぶぶさん

2013年08月22日 15:37

あれあれ、、ここは悲しい恋物語の白駒池ですね〜〜
苔マニアには堪らない森です!そして原生林のツガにシラビソが雨で煙る様はなんとも秘伝に相応しい様子です
そして、白い馬と言えば、こんな有名な東山 魁夷さんの書いたお池も渋の湯近くにありますね
昔、下社の御頭祭での鹿の狩場だったといわれるところから御射池と名づけられた池です

まちりのさん

2013年08月22日 14:30

こしらむさん 
そうです。野辺山天文台です。
今年は特別公開は今月の24日なのです。
近かったら行くのですか・・・
http://www.nro.nao.ac.jp/visit/open2013/open2013_top.html

あの時は親切に、あちこち案内していただきました。
こんなに高い所まで良い道路がと感心したものです。

まちりのさん

2013年08月22日 10:45

お二人で楽しまれたようですね。
約10年前ですが私もネットで知り合った長野の方に諏訪など案内していただきました。
他の趣味も同じ方でした。
信州は良いところですね。また行って見たいと思います。

そのとき、ひとりで写真のような所を見て来ました。
今年の特別公開は今週末ですね。行って見たいけど残念です。

無憂樹さん

2013年08月22日 09:12

こしらむさん

10月にまたいらっしゃるのですか。・・・・いいな〜
結界内は高照姫(高光姫)とも・・諏訪の歴史は、古代史同様、真実が
隠されたままです。これを解明すれば、古代史の真実の1部が明らかになるかもです。

こしらむさん

2013年08月22日 09:03

ぶぶさん・無憂樹さん
 すわ(諏訪)! 遊びに行ったところがそんなに大事な場所だったとは思いませんでした。
 これからは神社・仏閣も参拝して、特に巨木にまつわる話を聞き逃さないようにします。
 次は10月(神無月)あたりに行って、誰が残っているのか(結界内に)確認してきましょう^^

無憂樹さん

2013年08月22日 08:46

ぶぶさん

先宮神社の大欅の紹介有難うございます。
樹令650年・幹周7.5m・樹高25m・の記録が有りますが、コブについては、その原因は不明です。欅はときどき、こうしたコブ持ちの木を見かけます。腐朽菌なのか?ウイルスなのか?原因が解っていません。

ご祭神:高光姫命(別名:稲背脛(いなせはぎ)は地主の神様と思いますが、ある書には建御名方の姉とも書かれた物もあります。
でも、これは後に作成されたものでしょう。
諏訪に逃げて来た建御名方に反抗した神だと思います。
でないと、神社の周りを囲んだ結界の意味が説明出来ませんよね。
何れにしても、これからも諏訪は探って行きたい場所です。

ぶぶさん

2013年08月21日 21:04

こしむらさん、お邪魔します

諏訪のお二人のオフ会、楽しそうな雰囲気ですね
友人を訪ねて去年、遊びに行った時の写真ですが先宮神社の巨樹「大欅」です
先宮神社の創立は古事記の国ゆずりの一節にも出てくる神話好き(無・・さん^^)にはヨダレが出てくるような古い神社でして、出雲から追放された神様が諏訪に鎮座するのを反対したもともと住んでいた原住民の産土神様です
ですので、こちらの神様が敷地から出られないよう小川が結界の役目をしていまして、小川には橋がかかってません。
正面入口では大股でひょいっと小川をまたがないと境内に入れません
そんな諏訪原人の神様が鎮座します先宮の大欅は大きなコブを持ち、諏訪の天然記念物になっております
また諏訪は旧街道が集まる地でもありまして古い旧街道沿いの巨木もなかなか見応えがありました

無憂樹さん

2013年08月21日 18:07

こしらむさん

そ〜ですか。まだまだお若い御二人さん。食い気と〇〇気旺盛で
羨ましいです・・・・。

こちとら両方とも卒業で、唯々、曠日弥久の日々です。
寂しき人生の終末でしょうか・・・・・・

こしらむさん

2013年08月21日 15:01

無憂樹さん
 いなか浜さんと同様、私も神社・仏閣に縁がありませんで、今回諏訪大社はパスしました。

 それよりまだ食い気が盛んで、鰻屋でサービスされた骨のから揚げ(頭4個付き)と
 やなまぶし丼(大盛り)をたいらげて、晩御飯を減らしました→ビールはいつも通り^^

 やなまぶしのやなは捕獲器の簗ですが、鰻は普通のかば焼きでした(^^♪

無憂樹さん

2013年08月21日 10:16

こしらむさん

諏訪大社についてお詳しいですね。古代よりベ−ルに包まれた
諏訪大社・・色々の説が有りますが、どれを読んでも、中々、興味深い
説ばかりで、ますます嵌り込みます。
大和朝廷に匹敵する勢力が有ったことは確かだと思うのですが
・・・・諏訪神社の御柱の祭り・まっこと荒々しい祭りが、現在でも繋がっていますが、あの祭りを見るたびに、なにかに対する怒りのはけ口では
と思っています。大和朝廷に対する抵抗でしょうか?・・・
諏訪の古代史を紐解かないで、日本の誕生の真実は無いような気も
しますが・・・・教えてくださ。

こしらむさん

2013年08月21日 09:14

ぽたぽんさん
 諏訪大社は上社と下社に分かれ、上社は本宮と前宮、
 下社は秋宮と春宮で、計四つの社から成っています。

 上社は上諏訪と言っても茅野との境あたり(前宮は茅野市)にあり、
 車でないと全部周るのは大変かと思います。

 電車でしたら下諏訪で途中下車し、秋宮と春宮それに春宮から数分の万治の石仏を見て、
 次に上諏訪駅から高島城経由で湖畔を散策、時間があったら上諏訪駅で足湯に浸かり、
 普通電車で三時までに茅野駅に着くというのはいかがでしょうか?

 上社のほうはまた次の機会でも、善いかと・・・(^_-)-☆

ぱたぽんさん

2013年08月21日 08:34

諏訪湖旅行の時に側はとおりますがあらためて訪れたことはありません
10月に茅野で同窓会があり愛知県から出かけます
諏訪には10時すぎに着くのでぜひ諏訪湖も訪れたいと思っています
茅野の駅に3時集合なので5時間ほどあり好きなお城高島城を訪れたいとおもっています
諏訪大社にいけるかしら...と思案中です

こしらむさん

2013年08月21日 06:41

福介さん
 どういたしまして(^_-)-☆ まだその辺で蝶々を追って徘徊しているはずです。

 花火は毎晩短時間ですが打ち上げられているので、堪能できました。

 それに、万治の石仏も見てきましたよ。その?でまた紹介します(^.^)/~~~

福介さん

2013年08月21日 01:47

こしらむさん

大阪のおっさんがお世話を掛けました<0>(笑)

諏訪湖は今年の花火大会が開始30分で中止となりましたね、下諏訪大社に万冶石仏など原始の宗教が今も色濃く残る風情が堪らなくいい感じです。今年の春は韮崎から諏訪まで桜巡りをしました。