趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

第二回オフ会 その?

話は前後しますが、いなか浜さんの宿泊していた所が下諏訪の諏訪大社春宮の近くでしたので、その近くにある「万治の石仏」を見学して来ました(左写真)

この石仏は自然の大石の上に穴を開け、頭部を差し込んだものです。

冬から春になると下の台座に着いていた首が数センチ伸びて離れるので、話題になりました。

これは首が差し込んである穴に水が入り、凍って押し上げられたためのようです。

そのままにして落ちると危険なので、現在は穴を埋めて首は固定されてあります。

また、芸術家の岡本太郎が「万治の石仏を見ずして石仏を語るな」と言ったほどお気に入りだったことでも有名です。

あの大阪万博の太陽の塔に共通するようなユーモラスな石仏で、これを初めて見た岡本は「古代人に先を越されたな」と思ったことでしょうね。

その後、岡谷の足湯や上諏訪の間欠泉を観に行きました。間欠泉センターは諏訪湖畔にあるのですが、その周辺の浅瀬にはびっしりと水草がはびこっていました(中写真)

「ホテイアオイみたいだなぁ」と思いながら近づいたところ、ヒシだと気付きました。

数年前から自然繁茂し、そのため水中の酸素量が減って魚類が減少したので、駆除の対象になっているとのことでした。

ちょうど行った前日にも80tのヒシが取り除かれたと当日の新聞に載っていました。

それにしても、80t取り除いてこれだけの量が残っているのでは、完全駆除は大変です。

そんなことを、ヒシヒシ(菱だけに)と感じてしまいました(^_-)-☆

宿の夕食が終わり、西日が収まってやっと窓を開放できるようになったころ、湖畔の打ち上げ花火が始まりました(右写真)

15日の湖上祭は豪雨のため開始から20分で花火が中止され、雨で濡れた観光客数千人が体育館などの公共施設に避難したそうです。

また、そのうちの数百人が帰れないためにその場所で夜を明かしたそうです。

皆さん浴衣姿などの軽装で雨具もなく、低体温症のため救急車で運ばれた人もいたとか。

それから、有料の観客席代(6000円)は返却されなかったそうです。

この日の宿はその観客席代と同額で二食が付き、源泉かけ流しの温泉に入り放題、サービスの缶ビール片手に打ち上げ花火が見下ろせて不意の雨にも心配ないのです。

さて、皆さんならどちらを選ぶでしょうか? 私は後者ですね(^.^)/~~~
                                                 <お終い>

コメント

こしらむさん

2013年08月26日 11:02

ぶぶ^e^さん
 片倉館は商売つながりでよく訪れています。
 昔、紡績業で成った片倉工業の二代目が働く人のために作った保養施設ですね。
 温泉の浴槽はかなり深く、お湯はやや熱めになっています。
 温いと長湯するし浅いと大勢入れないから、回転を速くするためにそうなっているとのこと。

 いなか浜さんが追っている蝶は、ぶぶさんが先日紹介してくれたキベリタテハですよ^^

いなか浜さん
 メダカのポリバケツだけで10個、ほかに蝶の飼育、
 おまけに種をまいて出てきた樹木の世話を奥さんに任せて大丈夫ですか?
 帰る時はたくさんお土産を持って行ってくださいね(^_-)-☆
 (お勧めは信玄餅、鮑の煮貝、ほうとうのパック、鳥もつのパックです)^^
          ↓     ↓         ↓          ↓
         定番 やや高価  涼しくなるから B級グルメグランプリ

いなか浜さん

2013年08月26日 06:56

ぶぶ^e^さん

私もメダカを育てて居ますよ。
クロメダカとシロメダカです。
水草にはホテイアオイを浮かべています。
これにメダカが産卵して、増え続け今では10のポリバケツで飼育してますよ。
ホテイアオイの花は好いのですが、植物事態は繁殖力が強過ぎて困っていますよ。
ホテイアオイの前にはアサザを入れてました。この花は黄色で可憐でした。

昨日は塩山側に行ったですよ。
旧林道は新潟地震の時に土崩れを起こしたと云ってました。
一之瀬林道はありますよ.
何処で今の一之瀬林道と旧林道が接続していたか、不明です。

蝶を追っ掛けて、また圏外にこれから行きますので、書き込み不能です。

ぶぶさん

2013年08月25日 19:50

こしらむさん、誠に失礼いたしました<(_ _)>
 水生植物は凄い繁殖力ですね、、我が家も今年生まれためだか達が全然見えなくなってしまい風情もありません。
夏になったばかりにヒシが欲しくてウロウロしましたが、、
これからは諏訪に行けば良いですね^^
 間欠泉に行ったことがありません!こんなに吹き出ているなんてすごいですね〜
さすがフォッサマグナの糸魚川ー静岡構造線の真上にある諏訪!
日本の誕生にも深く関わり、地層的にも大変興味深い場所なんですょね
外帯(太平洋の海側)と内帯(日本海側の大陸)がぶつかり合って隆起した断層を見学に行ったことがあります。諏訪も、はるか昔は海の底であったと聞いたこともあります。
 入浴に関しましては、、古いもの好きでして町中の衣湯とか大和温泉の昔ながらの建物に旅愁を感じるのであります。近い将来には、きっと無くなってしまうか資料館になるかと、不安はあります。湖の近くの片倉館(国の重要文化財)も昭和のロマンを感じ、入口にあるスキヤーの木像、ステンドガラスなど楽しいですね
そう、大事な間欠泉もいつか見学に!と思います。



いなか浜さん、もう、宿にはお帰りですね
一時間下るということは塩山側に降りられたのでしょうか〜丹波側かな・・
一之瀬林道が廃道になってしまったのですか〜〜!、、びっくり@@
度々の土砂崩れのせいでしょうか
このあたりの大常木沢や小常木沢にはベテランの先輩と遡行を楽しんだ記憶があります
水がこの上なく美しかったです
いなか浜さん、蝶に夢中になって、クマさんに気付かないなんてことないようお願いいたします
今度はどんな蝶を追いかけていらっしゃるのでしょう 
ブナやミズナラの多い明るい樹林帯を好む蝶なんですか

いなか浜さん

2013年08月25日 11:38

ぶぶ^e^さん

まさにそのおいらん淵から、
一之瀬林道に入りように蝶仲間からアドバイスをもらっていたのですが、
この林道は旧道として廃道になるので、現在金網を張り巡らして人も車も通行止めになっています。


林道奥の民宿に泊まって居るのですが、
婆さんが1人で切り盛りしていますよ。
例えば、ホーロー製の浴槽ですが、まきで沸かしていて、
外から湯加減はどうかと聞きますよ。
私がぬるいと応えるとマキを足して熱くしてくれます。
食事は山菜料理ですよ。

静けさ以外には何もないですよ。
すごく落ち着きますよ。
休憩するには最高の環境です。

雨模様なので、民宿から車を1時間ぐらい走った処に
あるマクドナルドに居て、これを書き込んでますよ。

こしらむさん

2013年08月25日 11:06

ぶぶ^e^さん
 私のHNはこしらむ(読みにくいですが)なのですが・・・
 え! 500円? 注文があれば、駆除がてら採ってきますよ(^_-)-☆

 間欠泉センターから目の前の湖は菱だらけです(@_@;)
 湖の中心部まで広がらないようにフェンスのようなもので仕切ってあります。

 間欠泉は1日数回、1時間おき位に吹きあがります( ..)φメモメモ
 噴出量がだいぶ減ったと書いてありましたが、身近でみると圧巻でした。

 山梨には身延の金山や増富の金山平など金山が多くあって、
 武田信玄が発行した甲州金(貨幣)は金の含有量が世界一とか言われています。

ぶぶさん

2013年08月25日 10:41

お邪魔します

こしむらさん、ヒシですがうちの近所の熱帯魚屋さんでは一つ500円で売ってました@@
所変われば・・・ですね

いなか浜さん、臨場感満点の記録にどきどきします
一之瀬高原は多摩川の水源地でしたか・・ ブナなどの落葉樹の紅葉が美しく、近くには黒川金山の悲話で有名なおいらん淵がありますね
昔はこの甲州に抜ける峠道は深山幽谷の秘境だったのかなと想像します

いなか浜さん

2013年08月24日 20:28

福介さん
旅は行く前の期待と
帰宅後の追想が主に楽しいですが。
旅最中には、苦労も多いですよ。
今回も林道でパンクして、
近くのガソリンスタンドまで9キロもあり、
パンクしたまま走り続けちゃったですよ。
気が気でなかったですよ。

また、泊まって居る部屋の窓から、
15メートル先にソフトバンクのアンテナがあるんですよ。
その近くに落雷があり、その音響の凄まじさに、飛び上がったですよ。

こんなのちっとも、
楽しくないですよ。

たったあ
一匹の蝶のために、
俺ってなにしてるのか???ですよ。

しみけんさん

以後よろしくです。
最近、話題的には脱線することがおおいですが。

しみけんさん

2013年08月24日 17:41

いなか浜さん
 無事で何よりです\(^o^)/
 こちらも一ヶ月ぶりくらいで雨が降りました。

福介さん
 石仏前の立札に書いてありましたが、帰ってから映像をチェックして知りました^^

福介さん

2013年08月24日 15:23

浜さん電波圏内にようお帰り!なかなかに楽しそうな旅のご様子で何よりです(笑)

こしらむさん、私も万治の石仏は昨年訪れました。案内をしてくれたのは諏訪で生まれ育った方で万治の石仏の周囲も昔は草っぱらにあったのに綺麗に周辺整備されたと言っていました。まぁ観光客が増えたからでしょうが周囲の景観はさておき、石仏には高島藩主から工事依頼を受けた石工がノミを打ったところ血が流れて来たという傷跡も教えてもらいました。

いなか浜さん

2013年08月24日 14:41

やっとアイパッドの圏内に戻ることが出来ました。
大菩薩峠辺りのペンションに泊まって居たのですが、
圏外表示で、頼みのアイパッドが使えなかったですよ。

今は一ノ瀬高原に居るのですが、昨晩は猛烈な雨に、
雷でした。雷が近くにおちて、ソフトバンクのアンテナも交信不能に。
今、ソフトバンクの係りの人が来て、修理してくれました。
その担当者から、アイパッドを試して下さいと、頼まれたので、
アイパッドを取り出すと、可能表示が出ました。

林道は昨晩の大雨の影響で荒れて居ました。
この道を走り、なんと生まれて初めてのパンクですよ。
新車二ヶ月の車がパンクするなんて!

でもガソリンスタンドの親切な人のお陰で、たすかりました。
新車のタイヤはダメになり、後家のタイヤを取り付けてくれたのですよ。
地獄で仏様に出逢った思いですよ。

こしむらさんはじめ、皆さんよろしょくです。

こしらむさん

2013年08月24日 11:13

諏訪湖のほとりにある間欠泉センター周辺の湖面にはびっしりとヒシが繁茂しています。

http://had0.big.ous.ac.jp/plantsdic/angiospermae/dicotyledoneae/choripetalae/trapaceae/hishi/hishi.htm

ヒシはホテイアオイと同様に葉柄が浮き状になって水面に浮いているいる水草です。

ただ、ホテイアオイのように浮遊しているのではなく、湖底から茎が伸びているようです。

菱形はヒシの形から来ているのは間違いないのですが、葉なのか実なのか不明です。

ご存知のように菱の実は食用になり、ウオーターマロン(水栗)の別名があります。

菱には刺が二本のヒメビシと四本のオニビシがあって、
忍者が巻くテツビシ(鉄菱)はどうもオニビシの実のような感じですね(^.^)/~~~