趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

初めまして、承認ありがとうございます

簡単に、自己紹介します。
LINUXとの関わりは、最初は単に面白そうだと思って、KNOPPIXやFEDORAで遊んでいました。ただ、動くんだ、、 という程度の関心で、面白がっている程度でした。
最終的には、遊びにはUBUNTUに落ち着きました。

ただ、私、もう一つ趣味がありまして、仕事をしている時に、なんとか音楽を聞けないかと。(私 準公務員で還暦過ぎですが、まだ仕事しています。苦笑)
最初は LINEOUTからAMP、SPという構成でしたが、これはラジカセ並で、まあ音は出るというレベルのクオリティでした。そこからの悪戦苦闘。
ポチポチあちこちから情報が出てきて、パソコン本体で、デジタル音源をアナログ変換するのでなく、できるだけ いじらないで外部に出力して、外部で ピュアに 加工して 出力すると、素晴らしい音になる。 それに気づいた時です。
ある意味で、外部のオーディオ並、あるいはそれ以上の音が出ます。

最初はウインドウ、つぎにマックにいって、最終的に LINUXにたどり着きました。
シンプルであればシンプルであるほど、音の純度が増すのです。
Voyage MPDというVOYAGE LINUXを使いました。
このディストリは MPD (Music Player Daemon) を標準装備し、PC オーディオで高音質を得るためのチューニングが施された音楽再生に特化したエディションです。
おいおい書きますが、チューニングをすると、素晴らしい音になります。
ただ、呪文のようなテキストを打ち込み、一歩一歩進んできたので、まったく音が出なくなることがあります。(ガックリ)
こんな異分子的な私ですが、よろしくお願いします。

コメント

follifoliさん

2013年08月20日 14:09

このVoyage MPDは、音楽サーバーソフトです。
これをう動かすにはVoyage MPDクライアンとして、なにか必要です。ウィンドウもありますしマックもあります、もちろんLINUXもあります。(ミュージックプレーヤーという位置づけです。) 私は7を使っています。
ハードは、とても非力なもので十分で、かえって非力なものほど、ピュアな音になります。
PCENGINESのALIX3D2やATOMで十分です。最近の流行は、CUBOX。
ネットワークの設定さえ間違わなければ、大丈夫です。(音が出ます。笑)

あしべつさん

2013年08月20日 10:49

どうぞよろしく

 まさにマニア向けのOSですね
様々なディストリビューションをチェックする時に「ライブCDの部屋」を覗きますが、ここにもない

 このOSを動かすためにWindowsにもつなぐんでしょうか?