趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

珪灰石

珪灰石(珪酸塩鉱物) CaSiO3 
先日の日曜日に久しぶりに鉱物採集に出かけてきました。
しかし、目的の鉱物は見つけることが出来ませんでした。
今日紹介する珪灰石は見られましたが。
  
写真は滋賀県で採集した珪灰石です。
興味をもたれる方は少ないと思いますが。
スカルン鉱物の代表的な鉱物です。
石灰岩に花崗岩などのマグマが貫入してきた際、その接触部付近にできるスカルン鉱物。方解石(CaCO3)中のカルシウムとマグマ中の珪酸が反応してできるとのことです。

コメント

Haruさん

2013年08月31日 20:57

名古屋ショーではお世話になりました。

テキストの誤謬が見つかってよかったです。 私も、バタバタしてしまいました。


「ソーダ珪灰石」という名称は、ソーダという言葉でNaを連想させるとして、

今は使われていないようです。 「ペクトライト」でいいようです。

菅島のペクトライトですか、菅島は広大でいい産地ですね。

あれは あきらさん

2013年08月30日 22:40

Haruさん先日はありがとうございました。講義楽しめました。
TOPAZについてはついつい口を挟みそうになりました。
写真は菅島のものです。ペクトライトのよいものを獲ることができました。

ぼちぼちさん

2013年08月24日 12:35

しばちゃんさん
写真の珪灰石は透輝石を伴っていて、表面は水による侵食などで汚れています。
一般に探すときの参考になればと思って写真を展示いたしました。
このような標本にも興味を持っていただき嬉しく思いました。

ぼちぼちさん

2013年08月24日 12:28

Haruさん
一般的に有名な産地では、立ち入り禁止となったりして採集できなくなっていますね。
W山も以前は川原の転石でも長い結晶の物が容易に拾えたのですが、砂防ダムが出来てからは見つけづらくなっていました。
最近の様子はわかりませんが。
滋賀県でも採石場で以前は立派な物もでていたのですが、その当時は珪灰石としての標本ではなく、そこに伴って産していた班銅鉱を目当てに採集していました。
この場所も今は跡形もなくなっています。

しばちゃんさん

2013年08月24日 06:36

ぼちぼちさん

最初の写真いい味出してますね、
こんな感じの石が好きです。

Haruさん

2013年08月23日 21:03

ぼちぼちさん、最近ではめったに典型的な珪灰石を

採集できるところがなくなりましたね。

滋賀県では、W山辺りでいいものがありましたが、

今では採集そのものが難しいですよね。