趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

オールスン「特捜部Q4 カルテ65」

お久しぶりです!
途中とても面白くて、チマチマ読んでいた前作「Pからのメッセージ」よりも一気読みしました。
だけど、後味が悪くて・・・・。
今や学力NO1住みやすい国のデンマークも、2−30年前はは女性差別、障害者差別が

ひどく、素行の悪いいわゆる「不良少女」や、知的障害のある若い女性を、いわゆる収容所に
監禁し、本人の意思に関係なく避妊手術を行っていた時代があるらしいこと、そういう歴史が
この作品の背景になっていること、あとがきにもありました。

なんかナチスと同じだなと思いつつ、弱視の障害のある友人から、日本も生まれつきの
障害のある女性は、子宮をとる手術をされていた時代が近年まであると、聞いたこと
思い出しました。

そういう歴史の暗部って、なんか弱者を排除しているというか、いつの時代も女性や
子ども、障害者、高齢者を虐げているのですね。

でもほとんどヒロインの女性が、哀れに描かれていて、「ミレニアム」のリスベットのように
虐げれれても痛快な、力強い女性の方が希望があるなって思えました。

コメント

コメントはありません。