趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

スピード違反取り締まり装置「オービス」摘発減 老朽化も高額で更新進まず

■アプリで設置場所バレバレ
 車の速度違反自動取り締まり装置「オービス」を使った全国の取り締まり件数が、過去5年で2割以上減少していることが21日、警察庁への取材で分かった。
 装置が1台5千万円以上と高額なため、フィルムを使用した古いタイプの更新が進まず、故障したまま放置されるケースも増えている。オービスの位置を知らせるカーナビアプリまで登場しており、警察関係者からは「オービスの在り方を考える時期に来ている」との声も聞こえる。
 オービスは全国約700カ所に設置されているとされる。警察庁によると、全国のオービスによる取り締まり件数は、平成20年は9万3269件だったが、昨年には7万3075件と22%も減少。20年の取り締まり件数が1万1127件で全国最多となった兵庫県警も例外でなく、昨年は25%減の8343件となった。
 その一因が装置の老朽化だ。兵庫県警によると、県内計40カ所に設置されているオービスのうち、半数がフィルムで撮影する旧式装置で、最古は昭和51年製。生産が終了している部品が多く、いったん故障すれば修繕が難しい状況になっているという。
 デジタル撮影の新式装置へ更新できない最大の要因は、初期費用だけで1台5千万円以上かかるという予算上の問題。新式は「フィルムの回収が必要な旧式に比べて人件費が抑えられ、長期的にみれば割安という利点もある」(県警の担当者)が、限られた警察予算の中から高額の更新費を捻出するのは苦しい状況だ。
 ネット社会の進化もオービスによる取り締まり件数減少に拍車をかける。ネット上にはすでに、高速道路を中心にオービスの位置情報を調べたサイトが続出。スマートフォンのカーナビ機能に位置を表示するアプリも堂々と販売されている。アプリを提供するゼンリンデータコム(東京)の担当者は「オービスの場所が分かれば、利用者はそこでスピードを出さなくなり、安全・快適なドライブができる」と正当性を強調する。
 一方、兵庫県警の場合、レーダー式取り締まり装置や覆面パトカーによる速度違反取り締まりを含めた全体の件数は、13万件台で安定している。県警幹部は「限られた予算を優先順位を決めて割り振ると、オービスの更新は後回しにならざるを得ない」と話している。

コメント

おちもさん

2013年09月24日 00:44

捕まえることが、最大の要因ではない。罰金・反則金を納付させることに意義があるのです。
国家予算に罰金や反則金・違反金などのを含めた予算が、計上されています。
点数は、どうでもいいんです。話は、税金となる金の問題です。
みなさんが、オービスでばんばん写真を撮られれば、罰金が増えます。新しい機械も買えますが、その罰金回収で、オービスの機械が買えなければ、予算的にどうでしょう・・・
ある話 都内での駐車違反はなくならない。
駐車場は、車の数より少ない。
必ず、違反者は出る。
黄色の紙を張れば、点数に関係なく 金回収ですから・・・・。

カチさん

2013年09月23日 17:10

日本でダンパーを作ると車高を低くしているやつらが文句いいそうですね。
とにかく事故を起こさせないためにはどうすればいいのか警察も真剣に考えよう。いかに捕まえるのではなく。。。。

がんちゃんXDLさん

2013年09月23日 11:02

フィジーのビティレブ島では学校の近くや、市内に入る手前の道路上に、道を横切る形の段差をもうけていました。スピードを出したまま通過すると、とんでもないショクを受けるために必ず車はその直前で減速、徐行に近い速度にする。つまり物理的に減速を促すようにできています。
かなりな安価で、行うことが出来ているとおもいます。
日本国内でも、わざと直線道路をペイントで、蛇行するように書かれているところや、住宅地での道路に書かれた立体に見える障害物の絵など。今一度、規制のやり方を考え直す時期にきているのではないでしょうか。