趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

オトコとオンナ(444)

◆さて、今朝は、女傑、惣万佳代子(そうまんかよこ)さんのお話や。

したのプロフィールをごらんになればわかるが大変な有名人。
かずかずの受賞、受賞、受賞・・・・・・で、講演の依頼も多い。
m(__)m

◆彼女は、もとは20年間、富山の日赤病院の看護婦さんやった。

あるとき、自分が担当した患者のおじいさんが退院したが自宅ではなくて、老人病院に入った、というのでお見舞いに行った。

んで、びっくらこいた。

元気になって退院したはずのおじいさんは、その病院では6人部屋で全員手足を縛られていたんや。
「社会的入院」やな。

んで、そのおじいさんの発した言葉に二度ビックラ。
「(神様)はよう、おむかえにきてください」

◆彼女は愕然とし、決心をする。
これではあかん !

同僚の看護婦と3人で日赤を退職。
退職金を元に、3人でデイサービスを始めた。

しかし、彼女たちは、医療はできても福祉の法律知識はゼロ。行政が縦割りであることを知らなかった。

すなわち、彼女らのデイサービスは、特定のひとを対象にしておらず、あかちゃん、障碍者、老人をうけいれるタイプやったんや。

実は福祉行政は、そぞれに別々なんや。
老人、障碍者、保育。
ねぇ〜〜〜

◆んで、結果として、どこからも補助金、支援金をもらえない。
補助金がなければ、デイサービス料金も割高に設定せざるを得ない。
高ければデイサービスにひとは来ない。

赤字続きで食うや食わずや。
苦節10年、やっと「富山型デイサービス」として行政に認知され補助金も得て、今ではなんとか安泰している。

◆開所以来、もう20年。
彼女も仲間のひとりも独身。

デイサービスと結婚したんだよね。
寝起きの場所も、デイサービス。
m(__)m

頭は断髪。
化粧っ気なし。
年中無休 !

◆デイサービスに人生をささげたオンナ。
下のプロフィールをみてね。

http://toyamagata.com/people/

コメント

コメントはありません。