趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

オトコとオンナ(464)

◆保険の外交員。
「ニッセイのおばちゃん」

日本人の生保加入率は世界一なんじゃないかな。

だから、逆に言うと、それだけ保険の勧誘は難しいということ。

◆わたしの知人たち。
中国人妻たちが、ある時期、生保の外交員のバイト。

あのさぁ、
保険の外交は、むずかしいんだよ、とわたし。

いいのよ、
一定期間は、お金をくれるのだから。

当時、彼女たちは太陽生命の外交員をやっていた。
しかし、友人、知人たちの勧誘が終われば、もう、あとがない。

んで、その一定期間が終われば、みんなやめてしもうたばい、
とほほ

◆そんな、難しいお仕事。
それを難なくこなして、その会社で一番をとっていたオナゴがいる。

まず、彼女の入社の動機が面白い。
終戦後、皇居の前にでんと構えてGHQがあった会社だから、きっと日本一の会社なんだ、と入社を志望。

第一生命に入社した。

◆上司が勧誘のシナリオ、せりふを書いてくれて、もっぱら俳優さんだけをターゲットに。

夜中に訪問したり、楽屋に訪問したり。
いずれも相手は多忙。
15分間でけりをつける。

売り込む商品は、彼らは退職金がない。
収入が不安定な稼業。
んで、もっぱら、退職金代わりになる積み立て保険をセールス。

◆セールスが好調になり、運転手つきの車で営業に。

実は彼女は小児麻痺で歩行が困難。
杖に頼っているひとだからね。

あっというまに、社内セールス日本一に。
ほほほーーーー

部下も十数人に。

◆しかし、6年後、不動産業の彼氏と結婚。
外交員は辞めて、彼と不動産業に。

しかし、彼のせいで(安易に連帯保証人になる)、仕事は破綻。

3歳の娘を抱えて離婚。

人生はあざなえる縄の如し。
とほほ

◆あんたの人生は、どうだったのかしら。

コメント

志村 けんいちさん

2013年08月31日 07:18

外交員のおばちゃんの話かいな。

どうかなぁ〜〜

むりだろうなぁ、
トホホ

志村 けんいちさん

2013年08月31日 06:58

うん?
どういうことかな。

まず、生保の契約そのものには「満期」がある。
つぎに、生保の会社の従業員には、当然に「定年」がある。

最後に、個人でやってる代理店。多くは火災保険の代理店だけど、
彼らは自分で「定年」を決める。

志村 けんいちさん

2013年08月31日 06:50

きゃぁ〜〜〜
43歳で早期退職かぁ。

すげぇなぁ〜〜〜

余生をどうやってくらすのかな、
ほほほ

志村 けんいちさん

2013年08月31日 06:48

そそ、保険会社は支払いとなると、なんだかんだと渋るらしいね。
支払い査定で支払い金額を減額する。

いつか、支払い拒否が多すぎると、話題になったことがあったねぇ〜〜〜
とほほ

志村 けんいちさん

2013年08月30日 10:11

自分で会社には行かないなぁ。

とほほ

ネットで契約とかは、いいかもねーーーー

とらちゃんさん

2013年08月30日 09:02

外交員で勧誘するのは人件費、交通費、諸経費が係るわけですから、本来の保険にかかる料金より高い訳です。ニッセイMK方式に黒船来航してるのです。
付保したければ、保険会社直々に訪問すべきでしょうね。
ITでも契約も可能ですから、自己判断して低コストでと考えるでしょうね。

志村 けんいちさん

2013年08月30日 08:48

歩合が高いのかぁ。
高収入になるわけっだぁ。

火災保険の個人営業でくってた親戚がいる。
いまは、もう老齢でやめたがね。

あぁ、知人の旦那は、火災保険代理店。

ほほほ

とらちゃんさん

2013年08月30日 08:38

生保の保険員での勧誘で日本一になったニッセイが今宣伝で皆さんで支えてる とか?

よほど、アフラックの攻勢に対応してるのでしょうね。

勧誘保険院の歩合が高いのは承知の事実です。

保険料が高すぎるのです。自賠責保険料も同じです。