趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

オトコとオンナ(468)

◆さて、今朝は、外国人妻にかかわる話や。
といっても、限定的に医師とのかかわりの話やがね。
とほほ

M子さんは、だんなは日本人。
いまでは、日本語はぺらぺらやが、昔は、たどたどしかった。

んで、病院に行くのがいや。
医者とのコミュニケーションがうまくできないからね。

んで、だんなは当時、まだ現役。
お仕事がある。
んで、やむなく彼女の医者通いに、日本語の先生(ボランティア教師)である私が同行の羽目となる。
とほほ

◆診察室。
彼女が呼ばれて私も一緒に診察室に入る。

医者は ん? てな顔をするね。
ほほほ

んで、これこれしかじか。
あぁ、そうなんですか。

あとは、医者は、わたしに話をする。
症状の質問。
治療方針。
などなど

ほほほーーーー

◆Kさん(50代、女性)、英国人。
彼女は、日本語が今ではなんとかできるが、昔はだめ。
英語で話す。

んで、彼女は、聖路加病院に行く。
あそこは英語をしゃべれる看護師が多いんだそうな。
ほほほ

さて、日本語教室の生徒さんたち。
中国人生徒(といっても奥さんたち)
ほほほ

こげんなこつば言う。
「日本語が上手なひとはいいけど、わたしたちみたいに、たどたどしいと、なんか、馬鹿にされる」
「診察も治療も、なんか差別されてる気がする、と」

ほほう、そうなんかねぇーーー。

保険料は、ふたりとも3割負担といっていた。
ふたりとも、だんなは中国人。

◆どうなんかなぁーーーー
最近は、日韓、日中ともに険悪だからなぁ。

とほほーーーー

コメント

コメントはありません。