趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

日本とユダヤの関係―青森キリストの墓ー眉唾物ですが。

おととしお盆明けから3か月八戸市にいて、休みの日は何度か、新郷村のキリストの墓なるところに行きました。

また、昨年の9月7日から今年の2月まで岩手県・二戸市にいて、ナニャドヤラと叫んで通り過ぎる集団が街を練り歩きました。

後で紹介するVIDEOの二戸まつりが実行されたのでした。

もしかしたら自分が撮られたかもしれません。かなりの時間現場にいましたかr。

昔の南部藩の人たちが一堂に会する場所とでもという雰囲気がありました。

青森の人たちは招待客という扱いでした。

今は明治になって三戸以北は青森、二戸は岩手と別れた行政区域になってしまいましたが、彼らは今でも旧藩時代のえにしを大事にしてました。

地元の人たち、ギャラリーですが、この奇妙な掛け声は、アイヌからとかヘブライ語からとかとりとめのないことを皆平気で言ってました。

ナニャドヤラ・古代ヘブライ(ユダヤ)伝説〔一〕
http://jiyodan.exblog.jp/16553654

二戸まつり「なにゃとやら流し踊り」
http://www.youtube.com/watch?v=p2GVWvtKhkU

ナニャドヤラ奉納舞い(広場)
http://www.youtube.com/watch?v=-Wb-QHnthzY

軽米夏祭のナニャドヤラ1
http://www.youtube.com/watch?v=Au9zso_MMdE

政治ブログで偶然見つけました。
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/
【日本語】    =   【ヘブライ語】
ハッケヨイノコッタ!=ハッケ、ヨイ、ノコッタ(撃て、やっつけろ、打ち破れ)
ジャンケンポン!=ジャン、ケン、ポン(隠して、準備、来い)
ヤーレンソーラン=ヤーレンソーラン(神が答えてくださった。見てください)
エッサホイサッサ=エッサ(持ち上げる)
サアー! =サア!(出発)
ワッショイ!=ワッショイ(神が来た)
ヨイショ!=ヨイショ(神が助けてくださる)
ヤッホー!=ヤッホー!(神様)
アリガトウ=アリ・ガト(幸運です)神への感謝の言葉
ヤマト(大和)=ヤゥマト(神の民)
ミヤ(宮) =ミヤ(神様のいる場所)
ミカド(帝)=ミガドル(高貴なお方)
ミコト(尊)=マクト(王、王国)
かんぬし(神主)=カムナシ(長)
ネギ(神職)=ナギット (長、司)
ミササギ(陵、墳墓)=ムトウサガ(死者を閉ざす) 
アスカ(飛鳥)=ハスカ (ご住所)
ミソギ(禊ぎ)=ミソグ(分別・性別) 
ヌシ(主) =ヌシ(長)
サムライ(サムライ)=シャムライ(守る者)
ヤリ(槍)=ヤリ(射る)
ホロブ(滅ぶ)=ホレブ(滅ぶ) 
イム(忌む)=イム(ひどい)
ダメ (駄目)=タメ(ダメ・汚れている) 
ハズカシメル(辱める)=ハデカシェム(名を踏みにじる)
ニクム(憎む)=ニクム(憎む)  
カバウ(庇う)=カバア(隠す)
ユルス(許す)=ユルス(取らせる)
コマル(困る)=コマル(困る)
スム (住む)=スム (住む)
ツモル(積もる)=ツモル(積もる)
コオル(凍る)=コ−ル(寒さ、冷たさ) 
スワル(座る)=スワル(座る)  
アルク(歩く)=ハラク (歩く)
ハカル(測る)=ハカル(測る)
トル (取る)=トル(取る)
カク (書く)=カク(書く)
ナマル(訛る)=ナマル(訛る)
アキナウ(商う)=アキナフ(買う) 
アリガトウ(有難う)=アリ・ガド(私にとって幸福です) 
ヤケド(火傷)=ヤケド(火傷) 
ニオイ(匂い)=ニホヒ(匂い)
カタ (肩) =カタフ(肩)    
ワラベ(子供)=ワラッベン(子供)
アタリ(辺り)=アタリ(辺り)
オワリ(終わり)=アハリ(終わり)

▼岩手県二戸郡から青森県八戸市にかけて昔から伝わる盆踊り歌「ナギアド・ヤラ」の歌詞(地元の人も意味不明のまま現在まで伝承)▼
「ナギアド ヤーラヨー ナギアド ナサレダーデ サーイエ ナノギアツ イウド ヤーラヨー」

▼ヘブライ語訳▼
「前方へ エホバ進み給え 前方へダビデ 仇を払わんとす ユダ族の先頭へ エホバ進み 給わんことを」

コメント

hideziiさん

2013年08月03日 17:08

「金比羅船々・・・」も、古代ヘブライ語で解読できると、故末広恭雄先生が、どこかの雑誌やNHKラジオで語っていました。

「祇園祭り」も、ユダヤ期限説がありますよネ!!!

☆夢っこ☆さん

2013年08月03日 00:16

http://www.historyjp.com/article.asp?kiji=106
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ナギャド ヤーラヨー  ナギャド・ナサレ・ダーデ・サーイェ  ナギャド・イウド・ヤーラヨー」

この意味なども色々書かれています。

色々興味深い話をありがとうございました

☆夢っこ☆さん

2013年08月03日 00:05

おもしろい、サイトを見つけました。
でもここはコピーができないようにっています。

少し抜粋しますね。

・・・・・・・・・・・・・・・
青森県では、以前からヘブライ民族の渡来がうわさされており、モーセの墓や、イエス・キリストの葉かまであることは、有名です。この墓の信憑性は、疑わしくとも、ユダヤ人と何らかの関わりがなければ、このような墓が日本に、立てられる理由を見出すことができません。
青森県の戸来(へらい)村もヘブライに起因しているという説があり、また八戸はヘブライ語で、神を意味する「ヤーヘー」が元来の呼び名でなかったのかと、取沙汰されています。

☆夢っこ☆さん

2013年08月02日 23:55

こんなにヘブライ語と日本語同じのがあるんですね。
5,6個だったら、偶然とおもうんですけど、おどろきました。
それにしましても、harutonoさんが、仕事で行った、・二戸市近辺は不思議ナミステリアスな場所ですね。今後も目が離せません!!