趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

”秋”の思い出

思い出は ソノ当時唄っていた’歌’で 沁み々々と浮かんでくるものです。 
歌にも色々ありますが 私達の世代(昭和一桁)では、やっぱり「小学唱歌」だなあ・と云う方も多いのではないでしょうか。 

昔々 旭川市・日章小学校 たしか二年生の頃(昭和14年)。
題は 『紅葉』です。 ♪秋の夕日に 照る山紅葉・・・

’女先生’ M先生から教わりました。 何時もの教室から 部屋も机も椅子も奇麗な音楽室に移ります。
椅子も横長で(5・6人掛け)、適宜・好きな子と並べました。
他の授業はともかく、音楽の時間が 何とも楽しみでした。

この歌が好きでした、が実はM先生も大好きだったんです。(初恋?)
ところが二年生も終わる頃、M先生は結婚退職されることになりました。悲しかったです。

先生は 北へ石狩川を渡った’大町’という処へ引っ越されました。
クラスの元気な子達何人かは 先生の新居へ遊びに行ったようです。
かなりの”引っ込み思案”だったワタシは 行きませんでした。

『紅葉』 今でも時折ハーモニカで吹いています。

コメント

terranさん

2014年04月16日 22:14

このトピックに新しいコメントがあったとのお知らせが来て見にくるのですが、
新規コメントがない現象があります。

皆さんにはそういったお知らせは来ていませんか?
コミュメンバーの方から私にお知らせが来て、「私だけではなかった!」のが

わかりましたので、皆さんにお聞きしているところです。

【テンキングさん  ”秋”の思い出】トピックにに不意気な問いかけですみません。

ワコワコワコさん

2013年09月17日 15:02

テンキングさん 
お言葉に甘えて、すぐ書かせて頂きます。私は確かに国民学校入学ですが、
姉と兄は可笑しな経過をたどっています。

姉は 同じ学校でありながら、入学、卒業時の名前が違っています。
戦後混乱した時代でした。
?尋常高等小学校 入学。 国民学校 卒業。
?高等女学校 入学。 女子高校併設中学 卒業。
?女子高校入学。 中央高校 卒業。

兄は最後の大学だけ卒業しています。
?尋常高等小学校 入学。 国民学校6年 修了。
?中学校 入学。 中学校4年修了。
?旧制高校入学。 旧制高校1年修了。
?大学教養課程 入学、修了。
?大学専門課程 編入、卒業。
……教養課程と専門課程と異なる二つの大学です。

テンキングさん

2013年09月17日 13:53

ワコワコワコさん
こんにちわ。 歌詞まで載せていただき、有難うございます。 貴兄のお母さんの優しさも 伝わってきます。

歌の詩と曲には ”名コンビ”というのがあって、独特のイイ雰囲気を漂わせますね。

高野・岡野: 春が来た  春の小川
北原・山田: からたちの花  この道

”すかんぽ”にある「尋常科」とは 懐かしい言葉です。 ワタシ達が入学した当初は「尋常小学校」でした。
貴兄の頃は 「国民学校」だったでしょうか。

『Thinking』も イイですねェ。 何か ’哲学者’みたいです。 ワタシは 若い頃から ’哲学’について語るのが好きです。 (哲学ソノモノは さっぱり分かりません)

   貴兄の色々な「思い出」 お待ちしています

ワコワコワコさん

2013年09月17日 11:50

『紅葉』
作詞:高野辰之
作曲:岡野貞一

1.秋の夕日に 照る山紅葉(もみじ)
濃いも薄いも 数ある中に
松をいろどる 楓や蔦は
山のふもとの 裾模様
2.渓(たに)の流れに 散り浮く紅葉
波に揺られて 離れて寄って
赤や黄色の 色さまざまに
水の上にも 織る錦


『すかんぽの咲く頃』
作詞:北原白秋
作曲:山田耕筰

土手(どて)のすかんぽ
ジャワ更紗(さらさ)
昼は蛍(ほたる)が
ねんねする
僕ら小学
尋常科(じんじょうか)
今朝(けさ)も通(かよ)って
またもどる
すかんぽ、すかんぽ
川のふち
夏が来た来た
ド レ ミ ファ ソ
  ********
子供の頃、母から教わったような懐かしい歌です。何故かこの二曲を同時に思い出します。
テンキングさんより少しだけ若く、戦時中だったので、小学校では教わりませんでした。

全く違う話になります。長年、印度人と一緒に仕事をして来ましたが、印度人は『Thinking』を『テンキング』と発音する人が多いですね。
テンキングさんのお名前から、そんなこと思い出しています。

テンキングさん

2013年09月17日 09:27

terranさん
おはようございます。 台風一過 素晴らしい朝です。

ワタシも 何度か転校しましたが、terranさん程ではありません。
ほんと 昔々の友達はどうしてるんでしょうねェ。

広い青空を見て 考えていると、人生の儚さ・短さを感じますが、一方 ソンナ人生を 些細なことで怒ったり・争ったりする事のバカらしさを痛感します。

terranさん 「テーマは秋」とか拘らないで下さい。雑談は横道に入ったり、とりとめも無く続くから面白いんです。

   コメント 有難うございました。 貴兄のお話、お待ちしています。

テンキングさん

2013年09月17日 09:00

サムスンさん
コメント 有難うございます。
小学校時代は 紅葉の無い所に・お住まいだったのでしょうか。

ワタシのような老齢になると、すべての思い出が ”イイ思い出”になるような気がします。

サムスンさんの思い出も、ぜひ聞かせてくださいね。

terranさん

2013年09月16日 21:27

すみません!
これは”秋”の思い出でしたね。

考えてみれば、私の話は秋以外の出来事でした。
すみません。

terranさん

2013年09月16日 21:25

やはり唱歌の「あ〜きのゆ〜うひ〜に〜」は好きな歌です。

私はいわゆる転勤族の【転校生】で、小学校を6回も替わったので低学年はあまり覚えていませんが、小学校4年の冬に東京の田無市から栃木県の宇都宮市に転校しました。

4年の三学期と5年の1学期しかその学校には行かなかったのですが、
担任の先生が赤ちゃんを産んでそのお家へクラスの友達5人といったことを覚えています。

たった2学期しか通いませんでしたが、仲の良かった友達も好きな子もその時に・・・
でも、小学生・・・

転校して、音信不通になり・・・今は転校した5年の夏の臨海学校の写真しか残っていません。
みんな元気でおじいちゃん、おばあちゃんになっているでしょうか。

サムスンさん

2013年09月16日 12:06

秋の夕日に♪はやはり小学校で習ったと・・・
照る山 紅葉♪って歌っても紅葉を見た事のない私達にはピンとこなかったけれど
上京して穂高の山に行った時は紅葉の素晴らしさに感動しました

幾つになっても小学校の初恋は忘れられないもんなんですね
これからの紅葉の季節にその先生を思い出すことも多くなるのでしょうか