趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

ブルネイ報告

ブルネイは、この夏にTPPの会議で名前が知られたぐらいで、日本ではあまりおなじみでないかもしれません。でも、「平和の国」ブルネイの石油の90パーセントは日本に送られています。
それに、日本の皇室とブルネイの王室とは交流があり、ブルネイ皇太子が一般の女子高生と結婚されたとき、日本の皇太子殿下が出席された話はつい数年前でした。
とっても美しい国でした。赤道近くなのに、日本より暑くないです。お金持ちの国らしく、車で移動するので街を歩いている人はあまり見ません。とにかく、モスクがきれいでした。
行った日は、ちょうどハリラヤ(断食明けの3日間のお祝い)でしたので、3〜4時間並べば、王様と握手ができる日でした。けれど、並ぶ時間がなくて、それに失礼のないイスラム正装の用意もなかったので、王宮からおみやげの箱を手に帰る人をながめただけでした。ちなみにその箱の中は、お菓子が入っているのだそうです。また、王宮では、お料理の振る舞いもあるそうです。できれば、行きたかったです。でも、モスクがきれいで、飛行機に3回乗って行った意味はじゅうぶんありました。
1つ目の写真は、ロイヤルブルネイ航空の飛行機 搭乗すると、まず、お祈りがアナウンスされます。「・・・・ラー・イラーハ・イッラッラー ムハンマド・ラスールッラー」と
落ち着いた男性の声で流れたあと、離陸前ですが、オレンジジュースが出ます。飛行機はとても新しく、女性の搭乗員の方は、ベールのついた帽子で素敵です。
2つ目の写真は、オールドモスクで、前の王様が建てたモスクです。水に映って大変きれいです。この世のものとは思えません。
3つ目の写真は、ニューモスクです。現29代目の王様・ボルキア王のモスクです。世界中の金銀大理石を集め、豪華さは世界一のモスクだと思います。
とにかく、王様は、世界で何人かに入るお金持ちなのだそうで、国民は税金無し、国民の80パーセント以上は公務員です。ほとんどの国民は王様の下で働く人たちってことで、ブルネイ人は、皆安定した暮らしです。でも、外国人の移民はできません。ブルネイの日本人は今、160人しかいません。外国人にとっては、就労など厳しいそうです。ブルネイの人にとってはとてもいい国なのですね。

コメント

そらやさん

2014年04月09日 18:18

経済的に豊かな国ですね

心も豊かですね 

この国何かとよいイメージで登場してますね

素晴らしいと思います 王国 安泰

自分サガシモドキ🍄さん

2013年09月04日 22:17

3枚目の写真は、ここです。これには写っていませんが、門には本物のエメラルドなどの宝石で紋章が出来ているものがついていました。