趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

Windows 7&8用ムービーメーカー

最近のムービーメーカは、使い勝手がよくなりPinPなどを希望しなければ
かなりのものが作れます。その使い方をご紹介します。

Windows7&8用 Movie maker

1)操作に必要な環境

Pentium4 2.4GHz以上のプロセッサー
メモリー 1G以上(HDビデオは2G以上を推奨)
その他 DVDディスクを作成するときには対応のディスク
DirectX9.0以降をサポートするビデオカード
HDDの空き容量10G以上を確保

2)ダイレクトX9.0がインストールされているかの確認方法
検索ボックスに「dxdiag」と入力
dxdiag.exeが表示されるのでクリックして実行

3)インストールする前に、PCのデフラグ、クリーンアップを実行しましょう。
PCの動作がよくなります。

4)Windows7&8 Movie makerをインストールします。
マイクロソフトのページからダウンロードします。
インストールの途中で NET FRAMEWORKが表示されたら「この機能を
ダウンロードしてインストールする」を選ぶ。Movie Makerの動作に必要
なプログラムです。

5)Movie Makerで取り込める映像、音声形式
映像 MP4、H264 DV-AVI、JPEG、GIF、PNG、BMP
音声 AIF、AIFC、AIFF、ASF、AU、MP2、MP3、SND、WAV、WMA

6)Movie Makerの特徴
レイヤー機能なし
ノイズ除去機能なし
映像ラインは1ラインのみ(ピクチャーインピクチャーはできません)
ナレーション機能あり(録音もでき位置調整もできます)
オーディオ機能あり(波形をプロジェクト内に表示できます)
手ぶれ補正、歪み補正機能有
文字のリンクの色機能あり
Vimeceへの対応
自動保存機能有

コメント