趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

<今日から9月!学習の秋?>

昨日は興味深いテレビ番組を2つ見る事が出来て有意義な一時を過ごす事が出来た。其の一つは、TBSテレビ「歴史の源流・出雲 眼には見えない宝物」と言う番組で、出雲大社の遷宮を取り上げた番組だ。
14:00から一時間の番組だった。

今月の15日に出雲大社の遷宮を含めた歴史フォーラムを聞きに行く予定なので、予習を兼ねてのお勉強だ。
大体が余りと言うか殆ど、私は日本の歴史には詳しくないのだ。
日本人として恥ずべき事だと自覚しているのですが・・・・・・・

イメージ 1

この上記の本は、結構すぐれ物で伊勢と出雲を学ぶには良い書物だと思う。
(リサイクル本で無料で貰って来た品ですが・・・・)

「出雲の国の風土記」や子供の頃に興味があった、因幡の白兎や海彦山彦の「出雲神話」をおぼろげに知っている程度だ。
出雲の国は昔から気に為る処では在ったので、シンポジュームにも応募したのだ。
運良く当選したので、多少の下調べは必要と考えていただけにグットタイミング!だった。


もう一つの番組はNHKのEテレビ「地球ドラマチック」と言う番組だ。
毎週土曜日の19:00からの放送で45分番組だ。
この番組はタイトルにより興味のある物は、比較的よ私がく見ている番組だ。

昨夜は海底遺構の番組で、古代エジプトと言う事で「アレキサンドリア」の事かと思い見始めたのだが・・・・・・
私の知らない海底遺跡だった、

「ヘラクリオン」と言う海底の古代遺跡だという。
考古学者の間でも殆ど研究されていない海底遺跡で、今後の発掘研究が待たれる海底の古代遺跡だという。

非常に興味深く拝見出来ました。
今後が楽しみな海底の古代遺跡でした。

コメント

山下亭さん

2013年09月15日 09:34

みちさん

コメント有難うございます。

みちさん、良い性格をしているようですね?
自分の知らないことや疑問点が有れば直ぐに調べる御性格の様ですね?
私も見習いたいと思います。

ヘラクリオンの海底遺跡はシュリーマン的要素もあった発掘調査だったのですね。

此れから研究の進む海底遺跡のようですね?
楽しみな遺跡です。

大雨警戒警報が我が町世田谷区地方に出たようです。
台風接近による影響です。

私は本日、出雲の国の風土記の歴史ゼミナールの日です。
根性で行ってきます。

ご報告は明日ですね!
出雲大社の60年毎の「遷宮」に関しての話のようですよ。

みちさん

2013年09月14日 10:37

山下亭さん、

◎『ヘラクリオン 海に沈んだ古代エジプト都市』

見ました! ヘラクリオンの海底遺跡の番組。
良かった!!  素晴らしい発見ですね〜。

発見者のフランク・ゴディオは、海洋考古学の先駆者ですが、
もともとは、数学者、統計学者で、その知識が、
遺跡の探索に生かされたと言う事でしたね。

30年前に、ヘラクリオンの存在を、ヘロドトスの記述から
知って、その後20年かけて、発掘調査を行い、
全貌を明らかにした、その仕事には、脱帽です。

以前放映された「ピラミッドはこうして造られた」(NHK 2009)
も、建築家のジャン・ピエール・ウーダンが
大胆な仮説で、世界中をうならせました。

考古学以外の分野の知識と手法が、これからの
遺跡調査には、必要と思いました。


◎「モーゼの十戒」とか言う映画が昔ありましたね。
  海が裂けて人々が脱出する場面。。。

わたしも、映画館で見ました。 

暴風雨によってもあり得るというシュミレーションの
結果もあるそうです。 いずれにしろ、
単なる作り話では、ない気がします。

山下亭さん

2013年09月03日 06:25

みちさん 

おはようございます。

エジプトの古代海底遺跡。
「モーゼの十戒」とか言う映画が昔ありましたね。
海が裂けて人々が脱出する場面がありました。
此れはエジプトに地殻変動が在った事の伝承では無いか?
と言う考古学者も居るようですよ。

出雲の歴史セミナーは再来週です。
この日は丁度、もう一つの趣味と言えるフリーマーケットの日と重なります。
忙しい一日と為りそうです。

みちさん

2013年09月01日 10:35

山下亭さん、

涼しくなったので、行動開始ですね。


◎「地球ドラマチック」は動物関係ばかりだと思って見逃しましたが、
 9月9日(月)0:00〜、再放送があるので、録画予約しました。

海底遺跡と言うと、陸が海底に沈む前に、繁栄した文化なので、
相当古いですね。


◎ 因幡の白兎や海彦山彦の「出雲神話」

そのほかに、「国引き神話」というのが、興味深いです。
古事記や日本書紀にも載っておらず、それ以前の、古代人の
海を隔てた交流、交易の歴史、とみる歴史家もいて、
わたしは、それに賛同しています。

会の報告、楽しみです。