趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

自動アンカーストッパーの製作

前回8月23日の釣行時に又してもアンカーを失ってしまった。

アンカーが根掛かりして無理にボートを走らせて外そうとしたため、ロープが持たずに切れてしまった。

この様なときは、ロープを長めに出して、潮上に走って引っ張れば大概は外れるものである。今までの方法ではロープの位置が判らず、スクリュウでアンカーロープを切ってしまう事が多かった。

今回、アンカー用のウキボールが自動的にアンカーロープをロックする器具を作成してみた。

写真のアルミ部品がそうである。

アンカー投入時には、手前のロック用金物に結んだテグスをボートに結んで置けば、ロックフリーになるのでロープはスムーズに出て行く。

アンカーを揚げる時は、アンカーブイを残してボートを走らせれば、ブイまで海底からアンカーが揚がってくる。

アンカーがブイまで揚がりきったら、ボートを止めるのだが、この時にこの器具でロープにロックが掛かるので、アンカーは再び海底に沈む事無く、ブイ直下の水面で止まって居ると云う訳である。

良い具合に動作するか?今度沖に出た時にフィールドテストをしてみます。

コメント

かれいまるさん

2013年11月07日 08:25

活山水さま

そうですね

ミニボートは艤装も楽しみにしないと遊ぶのが辛くなるかもしれません

ブイは、法定備品で積んでる浮き輪を利用されるのもひとつの方法だと思います。

市販の夜間航行灯等の艤装品はなんらかの処置を施さないと装着出来ないので
結局は、みなさん自作するしかないんですよね

私は船に合わせてロッドも自作します。

活山水さん

2013年11月07日 00:09

かれいまるさん

市販品のアンカーリフトが有ることは知っているんですが、こんなチャチな部品に1万円以上も出す気がしません。

僕が使ってるブイは近所のトイザラスで売ってた¥380

アンカーリフトはホームセンターで部品を購入して自作しました、費用は¥900程度かな?

今回品の試験使用はブイの浮力が足らずに沈没して失敗しましたが、これを改善すれば使えそうです。

ちなみにマイボート後部のドーリーも自作です、32ミリアルミ角パイプと農業用ミニタイヤを利用して格安で制作しました。

売ってる品はほとんどが3万円程度もしますので手が出ません。

夜間航行用ホワイトランプのパイプは何とタモの柄を使いました、市販品は6万円ほどしますよね、是で船舶検査も問題なく合格します。

なんでも自分で造らなくては面白くないですもの。

かれいまるさん

2013年11月06日 20:27

こんばんわ

荒れた時に確実に早く撤収する必要があるので アンカーリフトは市販のものを
利用した方がリスクは少ないです。

根がかりした時に切れるよう結束バンドを使いますが、私は尻にも結束バンドを用い
最悪の事態を避けています。
過去10年以上 アンカーロストの経験はありません。

活山水さん

2013年10月09日 21:03

kazu.co.jpさん

昔はアンカーの尻からチェーンを結ぶ方法でやってましたが、やっぱり根掛かりして難儀しました。

ので、柔らか爪のアンカーに切り替えた経緯があります。

今回はロープも購入したので高く付きました。(泣)

kazu.co.jpさん

2013年09月30日 08:29

そうでしたね、アンカー事件。

私はアンカーが引っ掛かった時の為に、アンカーロープの結び方法をかえています。

アンカー下方にしっかり結び、通常結ぶ輪のところは針金で軽く、または結束バンドのミニでとめています。引き上げ時に引っ掛かった場合、強い力をかけると輪のところが外れてしまうのです。
結果、アンカーの下方をロープで引く状態になり、引くポイントが反転するので、ほぼ回収できます。私はこの方式にしてから、回収できなかった事はありません。

*わかりにくくてすみません。それから、すでにそうされていましたら失礼をお許しください。