趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

西国薬師巡礼 第7番 霊禅山 東塔院 久米寺



    奈良県橿原市

    聖徳太子の弟、来日皇子が7歳の時に眼を患い、

    薬師如来に願をかけたところ、病が平癒した。

    そこで、皇子は久米部氏の氏寺があった、

    この地に伽藍を造営しました。

    また、久米寺には、久米仙人の話も伝わります。

    久米仙人は、神通飛行術を修得したあと、

    久米寺に百数十年仮住まいした。

    東大寺建立の際は、飛行の仙術を用いて、
  
    建築資材を数日のうちに、集めたという。

    また、久米仙人は中風と下の病を除くため、

    この薬師如来に誓願をたて、

    竹はしで食事をすると、中風にならず、

    長寿を得られると伝えられています。


     http://smcb.jp/_photo_list?pic_album_id=2137227



                               ・

コメント

コメントはありません。