趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

板彫十二神将立像 興福寺−奈良−



    東京藝術大学美術館で、興福寺仏頭展が開催されて

    いたので、入館しました。

    十二神将が中心部に展示されていました。

    十二神将は、薬師如来の守護神で、

    この板彫十二神将は、東金堂本尊薬師如来像の

    台座の周囲に貼り付けられていたものです。

    絵画と彫刻の要素をもち、

    躍動感、面白味、そしてそれ自体がかもし出す独特のユーモア感など、

    類例の少ない、きわめて珍しい像です。


    <板彫十二神将立像> 
      http://smcb.jp/_photo_list?pic_album_id=2144104


     左: 東京藝術大学校門

     中: 興福寺東金堂 薬師如来座像
        (西国薬師巡礼 第4番)

     右: 厨子入り弥勒菩薩半跏像
        (美術館の正面に展示されています)


                                                 ・

コメント

クロ♪さん

2013年09月14日 15:21

ひかりちゃん!コメントありがとうございます。

おっしゃるとおり、興福寺は今、仏頭、厨子入り弥勒菩薩半跏像、板彫十二神将、仏像にの
十二神将は、旅行中です。

12月中ごろに帰ってくる予定です。

興福寺は今、大規模な復元工事がされています。
南大門ができ、回廊でつながれるようです。

東大寺みたいになるのでしょうか?
東京藝大美術館でビデオで紹介されていました。

興福寺は十二神将がお出かけでも、
阿修羅像をはじめ、薬師如来像や運慶作の仏像など、たくさんの仏像があるので、
見所いっぱいです(^^)

<興福寺ホームページ>
 http://www.kohfukuji.com/kanjin/plan01.html


                                               ・

ひかりちゃんさん

2013年09月14日 14:35

こんにちは!

「板彫十二神将立像」すてきですね〜始めて知りました。


奈良 元興寺は駅からも近いし(徒歩10程)にある「世界遺産」です。

囲いのないお寺で境内には自由に入ることが出来るのでよく立ち寄ります。
(奈良へ行くときには9時には奈良駅に着くように出かけます)
飛鳥時代の瓦屋根も必見といどころ一杯が無料です!



興福寺は奈良公園の中?で小石が歩きにくいのですが・・・・修理はすんだのかしらね。

春日神社からは柳生街道に繋がる道があって、原生林の街道を何度か歩きました。
この柳生街道には「石仏」も多く残っています。

秋になって奈良へ行こうかなと思っていました・・・「興福寺」では今「板彫十二神将立像」
はお留守ですね(^^)