趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

大阪弁講座テ編7最終

明日より糖尿の検査入院、行きつけの医者は整形外科医
自信満々の方だが、10数年治らない(笑)
歳だから死ぬのは構わないが、糖尿の行き着き先は失明・脚の切断を
散々観てきてますので、それが難儀です。


今、京言葉辞典を見てます、大阪弁と違う処を、
何回も言ってますが、大阪の船場言葉は秀吉が大阪の町作り
するとき、京都の商人を連れてきて、基礎は京言葉なんです、
その京都言葉も公家言葉、町方言葉と違いますますが、まあ-おいといて、

船場京言葉言葉と、京言葉のと違う処は(イントネ−ションは同じ)
京言葉は単音を長呼します、
「ジ(字)〜上手やけど、エ(絵)〜下手やな-」「これコ−タ-(買った)エ-」
「オヒ−さん」(お日さん)「オ−キに」(有り難う) 木をキ− 歯をハ−

大阪の「そや、さかい」は京都も使うし「しやはる」「行けヘン」「ワテ」「アテ」も共通、

京言葉だけは語尾の、お〜さん、ドス、エ−、ヨシ、オス
「お豆さん」「お揚げさん」
「そう.ドス」(そうです)「あかん-エ-」(あきませんよ)「行きヨシ」(行きなさい)
「忙しいオスエ-」(忙しいですよ-)

電車で席を譲って貰うとき「へ- オ-キニ、ソヤケド、モ−次で降りまッサカイ」
「へ-」「オ-キニ」「スンマヘン」を冒頭に使いますいね-

大阪弁講座テ編7
テンマ 前回の続き、今の駅前から天満市場に掛けての
    夥しい食もの屋・飲み屋の凄さは旧い大阪人は驚く
    オフ会が有っても毎回店屋にたどり着けない、
    安い・美味い・狭い・喧しい・汚い(笑)東南アジアの感じ

テンヤモノ 店屋物 店屋で売る食べ物 江戸でも使っていた
      から関西と関東の共通語だろうか

写真  信貴山・朝護孫子寺

コメント

コメントはありません。