趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

?Peace「ピース」?

◆ ファンキーの立役者シルバーにしては
             珍しいメランコリックな曲

 「ザ・プリーチャー」「クイックシルバー」「セニョール・ブルース」などの名曲を書
いたホレス・シルバーのスロー・ナンバー。

 シルバーと言えば、アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズのピアニスト
としてハード・バップ誕生の重要な役割を演じ、ファンキー・ブームの立役者とな
ったシルバーのイメージがあるわけで、このようなメランコリックな美旋律を生み
出したことはある意味で驚き。

 いや、シルバーは決して一面的な作曲家ではないことを、この曲が証明したと
言うべきだろう。

 チェット・ベイカー、トミー・フラナガン、ジョン・ヒックス、デヴィッド・ヘイゼルタイ
ン、ビリー・ヒギンズらがとり上げているが、チコ・フリーマンのバージョンは深い
感動を与える。

 ノラ・ジョーンズがデビュー作の再発売作となったスペシャル・エディションでこ
の曲をとり上げたことも、楽曲の再評価を後押しした。

コメント

Anakreonさん

2013年08月16日 19:13

日本人アーティストに敬意を表して^^〜〜。

 ケイ赤城『モダン・アイボリー〜プレイイング・ザ・レジェンス・オブ・ピアノ』

 ケイ赤城(p)、杉本智和(b)、本田珠也(ds)

 このファンキーなバラードをコンテンポラリーなアプローチでプレイした
名演。 杉本智和のベース・ソロは説得力あり。

 マイルス・グループ在籍経験もあるケイ赤城のピアノは、いつもながら
理性的雄弁さの中にもジャズ・フィーリングに満ち満ちています。

ガルシアさん

2013年08月16日 16:44

Peace?ピース?

Anakreonさんの仰る様にシルバーにしてスロー美メロディのこの曲は驚きですね。

ピアノではジョージ・シアリング、ジョン・ヒックスが美しく、トランペットではトム・ウイリアムスが朗々と見事に吹き切っております。
サックスに好演が多く、ダン・フォーク、ゲイリー・トーマス、ラルフ・ボウエンと気合いの入った演奏が聴けます。特にラルフ・ボウエンは一人で吹き切っておりまして中々かっこいいです。

僕の2チョイスはAnakreonさんの挙げてられているチコ・フリーマン。個人的にも大切なアルバムでどうしても外すことが出来ずです。
もう一枚はマーク・ターナーとメルドーのM.T.B ふたりが静かに語りあうような美しいバラードに仕上がっております。

〇Chico Freeman / Spirit Sensitive     1978
Chico Freeman (ts)
John Hicks (p)
Cecil McBee (b)
Billy Hart, Famoudou Don Moye (ds)

〇M.T.B / Consenting Adults    1994
Mark Turner (ts)
Brad Mehldau (p)
Peter Bernstein (g)
Larry Grenadier (b)
Leon Parker (ds)