趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

?Harlem Nocturne「ハーレム・ノクターン」?

★ ?むせび泣くテナー・サックス?
              といえば・・・・

 妖しげなライトに照らし出されながら、むせび泣くテナー・サックスといえば、この曲
を思い浮かべる人も多いだろう。それだけムーディな独特の世界を持っている。

 もともとはディック・ロジャース作詞、アール・H・ヘイゲン作曲による1940年のビッグ
バンド・ナンバー。ヘイゲンはレイ・ノーブル楽団に編曲を提供していたアレンジャー。

 1953年に、テナー・サックス奏者のハービー・フィールズがヒットさせたのをきっかけ
に、サム・テイラーやジョージ・オールドなど、多くのテナー・サックス奏者が好んで取り
上げるようになった。

 日本でも松本英彦が取り上げ、昭和30年代のラジオではよくかかっていたという。
ジャズというよりR&Bのヒットという感じが強い。

 一応?忘れられないハーレムで聞いたノクターン?といった内容の歌詞がついては
いるが、圧倒的にインストとして有名なナンバーといっていい。

コメント

Anakreonさん

2013年08月25日 19:50

私もサンボーンの『タイムアゲイン』を、と思ったのですが、ガルシアさんに
先に挙げられてしまいましたので。

 デヴィッド・マシューズ&N.Y.フレンズ『イパネマの娘』

 デヴィッド・マシューズ(p)、ライアン・カイザー(tp)、アーロン・ヒック(ts)、ジム・
ビュー(tb)、チップ・ジャクソン(b)、ジミー・マディソン(ds)

 マンハッタン・ジャズ・オーケストラを率いる名アレンジャー、デヴィッド・マシューズ。
音楽生活40周年を記念したこのアルバムではラテンやポップス系のスタンダードを選曲。

 同グループの腕利きのメンバーを中心に、聴きなれた曲にまた新しい息吹を吹き込
んで聴かせてくれました。

ガルシアさん

2013年08月25日 18:44

Harlem Nocturne?ハーレム・ノクターン?

なぜか歌謡曲しかない伯父の家にサム・テーラーのこれがあったのを思い出します。
と言っても他の曲はほとんどムード歌謡を吹いていたような気がしますが、この曲以外は覚えておりません。
そんなイメージのため、余り真面目に聴いた事がないのですが、今回改めて聴く事になりました。

レス・ブラウンの”Les Brown's In Town”、ケントンの”Sketches On Standards”、レイ・アンソニーの”Jam Session At The Tower”と聴いてみましたが、日活映画の安物ポマードの臭いセリフが聞えてきそうで、僕はもう一つですね。

エリック・アレキサンダーは安っぽくならぬよう工夫されておりますが、アレキサンダー大好きな僕ですが、リズムが頑張ってる割にはテーマに戻ると上手く言ってるとは思えません。

僕の2チョイスはバルネ・ウィラン、リズムをラテン調にし粋なフランス映画を連想させるワクワク感を覚えます。
〇Barney Wilen / La Note Bleue    1986
Barney Wilen (ts)
Alain Jean Mare (p)
Philippe Petit (g)
Fra、Ricardo Del (b)
Everett、Sangoma (ds)

もう一枚はデヴィッド・サンボーン、リズム陣が爽やかで現代的なので新鮮に聴こえますね。
〇David Sanborn / Timeagain     2003
David Sanborn (as)
Russell Malone (g)
Mike Mainieri (vib)
Christian McBride (b)
Steve Gadd (ds)
他。