趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

?How Insensitive「ハウ・インセンシティヴ」?

◆ ロマンティックな
    ボサ・ノヴァの有名曲

 ヴィニシウス・ジ・モラエス作詞、アントニオ・カルロス・ジョビン作曲による1961年の
作品。1964年にノーマン・ギンベルが英語の歌詞をつけた。

 英語の内容は?彼女が愛しているといったとき、ぼくはなんと無神経な男に見えた
のだろう。彼女が心からそう言ってくれたとき、ぼくはなんと冷たい男に見えたのだろ
う・・・?という内容。2番になると?もう彼女は去ってしまった。彼女の最後の面影だ
けを心に抱いてぼくは孤独だ・・・?という失恋時に自問自答するという内容。

 歌詞はロマンティックだが、器楽演奏では、サトルなリズムとフリートなラインを形成
する美しいメロディのバランスを賞味すべき作品といえるだろう。

 ?インセンシティヴ?は?鈍感??無神経?といった意味。
原題は「インセンサテス」(お馬鹿さん)で、こちらの曲を使ったレコードも少なくない。
 人気の点で「イパネマの娘」に及ばなかったが、玄人受けのする作りである。

 LA4(CJ)はアメリカ色を稀薄にしたところに、結成間もない頃の意欲が見られる。
ハービー・マン(Atl)は、ボサノヴァあきんどの面目躍如。
 J・J・ジョンソン(RCA)も商売っ気たっぷり。

コメント

Anakreonさん

2013年08月30日 07:30

私はピアノ・トリオで。

 エディ・ヒギンズ・トリオ『アゲイン』

 エディ・ヒギンズ(p)、レイ・ドラモンド(b)、ベン・ライリー(ds)

 ヒギンズはいぶし銀で、空間性と繊細さが堪らない、老獪なピアニスト。

 ビル・エヴァンスの内省的指向と通じ本盤にもゆかりの作品を多く並べていま
すが、当曲は彼に珍しくボサ・ノヴァ・リズムを採用して浮遊するような演奏に仕
上げています。

ガルシアさん

2013年08月29日 22:10

How Insensitive?ハウ・インセンシティヴ?

涼しげで良い曲でね〜。やはりジルベルト嬢の声が聴こえてまいります。
後。ダイアン・カールもたっぷりと歌っておりますね。

ギターではチャーリー・バード、ハーブ・エリスが絶妙のムードを聴かせてくれます。
ピアノではピーターソン、デューク・ピアソン、アル・ヘイグ、ジュニア・マンス、ハロルド・メイバーン、アーノルド・クロス、そしてチック・コリアが上原ひろみちゃんとのデュエットでドラマチックに奏でます。

僕の2チョイスはアート・ファーマーとビレリ・ラグレーン。

リリカルに歌うアート・ファーマーに、「鈴の音」と言われるシダー・ウォルトンのトリオ、先日ウォルトンは亡くなり(8月19日)追悼の気持ちも込めて、推薦したいと思います。
〇Art Farmer / Yesterday's Thoughts    1968
Art Farmer (flug)
Cedar Walton (p)
Sam Jones (b)
Billy Higgins (ds)

静かな美しさを 抑制されたこのトリオで聴くと妙に熱いものを感じます。
兎に角ギターの美しさ、巧さは格別ですね。
〇Bireli Lagrene / Standards    1992
Bireli Lagrene (g)
Niels-Henning Orsted Pedersen (b)
Andre Ceccarelli (ds)