趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

?If You Could See Me Now「イフ・ユー・クッド・シー・ミーナウ」?

★ タッド・ダメロンがサラ・ヴォーンのために
                 書き下ろしたバラード

 作編曲家として類希れな才能の持ち主ながら、余り脚光を浴びることのなかった
ダメロンだが、ミュージシャン達の信望は絶大だった。
 1940年代、ダメロンはビリー・エクスタインやディジー・ガレスピーといったビ・バッ
プ系のビッグ・バンドに作編曲家として多くの作品を提供、ファッツ・ナヴァロを含む
自己のグループでも録音を残すなど、インスト演奏のための名曲も数多く残してい
る。 

 この曲は、彼の才能を敬愛していた一人であるサラ・ヴォーンに捧げて書かれた
美しいラヴ・バラード。
 サラはこの曲を、46年5月ミュージックラフトに、バッド・パウエル、ケニー・クラーク
など錚々たるメンバーで吹込んでいる。

 歌詞(カール・シグマンとの共作とクレジットされている)は?君が今のぼくを見たら
、どんなにブルーかわかるだろう。ぼくは今でも君を愛している?という内容。
恋人に捨てられたけれど、いまだに忘れられない、という失恋の歌。

 バラードの名曲であり男性女性問わず幅広く歌われているだけでなく、バップを愛
するインスト演奏家の間でおなじみの1曲である。

 生粋のバッパー、バリー・ハリスのダメロン集が、細部まで気配りのいった逸品。
ハンク・ジョーンズのGJT もソフトな演奏だ。

コメント

Anakreonさん

2013年09月05日 09:23

前曲に続けて日本人アーティストで。

 向井滋春『スタンス』

 向井滋春(tb)、マルグリュー・ミラー(p)、ビリー・ハート(ds)、ルーファス・リード(b)
ニコラス・ペイトン(tp)、ジョン・スタブルフィールド(sax)

 これほど情感豊かにトロンボーンを操ってみせるプレイヤーも珍しいでしょう。

 ここでは様々な編成で曲ごとに変化を加えたアルバム構成をとっていて、しんみり
美しいのに難度の高いコード進行によるこの曲を、彼一流の説得力あるワン・ホーン
・プレイで聴かせてくれます。

ガルシアさん

2013年09月05日 00:51

If You Could See Me Now?イフ・ユー・クッド・シー・ミーナウ?

一番に思い出すのは、サラ・ヴォーンの名唄です。
これもピアニストが好きな名曲ですね。
ボビー・ティモンズ、ビル・エヴァンス、レッド・ガーランド、ウイントン・ケリー、ローランド・ハナ、アル・ヘイグ、ケニー・ドリュー、ルー・レヴィー、ホッド・オブライエンと名手の名演が並びます。

僕の2チョイスはウエス=ケリーのハーフ・ノート・ライブとステットのペン・オブ・クインシーです。
ライブの楽しさを教えてくれたウエス=ケリーと、ソロの美しさを堪能させてくれたステットの名盤です。

〇Wes Montgomery / Smokin' At The Half Note   1965
Wes Montgomery (g)
Wynton Kelly (p)
Paul Chambers (b)
Jimmy Cobb (ds)

〇Sonny Stitt / The Pen Of Quincy Jones    1955
Jimmy Nottingham, Ernie Royal (tp);
J.J.Johnson (tb)
Anthony Ortega (fl, as)
Sonny Stitt (as)
Seldon Powell (ts)
Cecil Payne (bs)
Hank Jones (p)
Freddie Green (g)
Oscar Pettiford (b)
Jo Jones (ds)