趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

城の本

大分以前に買った城の本を読み直しています。
読み直しと云うか、買っておいて、まだパラパラと一部しか読んでいませんでした。
「城の鑑賞基礎知識」(三浦正幸著 至文堂)

 まえがきに、「これまでの誤った城の常識を根本的に改め、最新の研究成果を分かり易く加えてある。だれもが容易に城の専門家になれるはずである。」と書いてあります。
本の発行が1999年9月16日なので、最新かどうかは分かりませんが、写真や図が豊富にあり内容も詳しく書いてありますので、城全般を知る上では良い本かと思います。
多少お値段は高いですが・・・・。

 皆さんも、お読みになったお城の本で、お勧めのものがありましたら、教えて下さい。

コメント

春秋(はるあき)さん

2013年09月13日 07:14

戦国時代の城

 一般にお城と云えば、天守閣と高石垣を想像します。
実はこれは江戸時代、近世のお城です。
それ以前の戦国時代、日本各地には沢山のお城があり、その数4万とも云われます。
近世の城から比べると、とても小さいものですが、それこそ日本各地にありました。
あなたの住んでいる市や町にもありました。

 そのお城はどんなものなのか、それを描いたお城の本の紹介です。

 「戦国の城」(西ヶ谷恭弘著 学習研究社)
  上中下の3冊があります。イラストで戦国の城が見てわかるようになっています。

 「ドキュメント 戦国の城」(藤井尚夫著 河出書房)
  著者は工業デザイナーの方なので、戦国の城の復元図は正確で緻密ですので、分かりやすいと思います。

春秋(はるあき)さん

2013年09月07日 14:14

日本の城(中井均著 山川出版社)2009年発行

 日本の名城127を紹介しています。

 特徴は、城跡が国の史跡に指定されているものと、城郭建造物が国宝、重要文化座に指定されているものは全て収録しています。またそれらの建造物は1つ1つの写真が載っています。

その他それぞれの城の、絵図、古写真、空撮の城、簡単な地図、それに各お城の見所が書いてあります。

春秋(はるあき)さん

2013年09月04日 22:18

蝉の声さん

 その本知人が持っていて見せてもらったことがあります。
お城の写真は、やはり大きいサイズが綺麗ですね。

蝉の声さん

2013年09月04日 07:26

私が持っているのは、日本通信教育連盟が出している 『城』 と云う写真集です。

164のお城が全三巻に収録されています。(解説書は別に一冊になっています)

お城の外観だけでなく、天守の内部や復元絵図・古写真もついています。

コーヒーを飲みながら、この写真集を眺めている時が今の私には至福の時間です。

春秋(はるあき)さん

2013年09月03日 04:17

現在発行中のシリーズものとして、
「OOの山城 ベスト50を歩く」(サンライズ出版発行)があります。

 現在のところ、静岡県、愛知県、岐阜県、滋賀県(近江)、三重県、長野県の6冊が発行されています。
山城だけではなく、平城も各県17城が載っていますので、各県の代表的なお城は網羅しています。

 この本の特徴は、お城までの行き方が詳しく載っていること、お城の縄張り図が載っていることです。
実際に城を訪れる場合には、役に立つ本です。

有情さん

2013年09月02日 12:44

私のもちょっと古いですが
別冊歴史読本、作戦研究「戦国の攻城戦」1990

戦国時代の信玄、信長、秀吉、家康等の精鋭軍団の城攻め話しなど
又作戦研究、城攻めの検証など詳しく書いてます。