趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

夏の釣り

毎日暑い日が続いていますが、皆さんお変わりありませんか

一昨日まで、沖縄のケラマ諸島の一つ、阿嘉島に行っておりました。
色々やってこようと考えていたのですが、今回は不調。小物釣りに終始する結果になってしまいました。
土地の漁師曰く、「今はキビナゴなどの餌が豊富だから、魚はいても食わないよ。」の言葉通り、大物は口を使わず小物も活性はいたって低調でした。
やはり、ベイトを模したルアー系は特にダメでした。
1日ダイビングをしたんですが、至る所キビナゴだらけでそれにフィッシュイーターが着いているのが見て取れました。
こんな状況を打開するにはどうしたら良いでしょうね?

沖縄はここのところ纏まった雨も無く、かんかん照りで船上は熱射地獄。
俺は暑さには強いと自負しておりますが、暑さ対策はしないと拙いですね。
夏の船釣りには即乾性のキャップにサングラス、襟付きのポロシャツに半パンツ、それに、釣具屋が出している、踵付きの滑らないサンダルを履いてます。
定期的に水を飲むのはもちろん、タオルを水でぬらして襟に巻いています。
皆さんはどんな厚さ対策をとられていますか?

コメント

海親父さん

2013年08月05日 05:58

すけさん
やはり人によっては日焼けで苦しむことになりますよね。長袖長ズボンは賢明だと思います。昔、与論島で焼きすぎた人が夜救急搬送されたのをそばで見ていたとがあります。

タダさん
海も山も同じですね。天気の急変には常に記を配る必要があります。今回の沖縄では、オーニングはあるものの、俺はミヨシの釣り座、全然日陰はありませんでした。ですから首筋の日焼けが一番非道かった。耳の皮までむけました。(笑)

こたじろうさん
やはり沖縄の日差しは違いますね。シャツの上からジリジリきます。水かぶったぐらいでは追いつかない。水分補給は定期的にするようにしていました。俺はさんぴん茶のファンです。
しかし、夏はこれほどルアー系渋いとは思いませんでした。

CHAPPYさん
カレーヌードルですか(笑)そう言う方法もありか!今度試してみます。

CHAPPYさん

2013年08月04日 12:56

さすがは 沖縄の海ですね! 灼熱という言葉が似会います。  

暑さ対策に 船上でカップヌードルのカレーを食べますと 汗が噴き出してきます そこで イオン飲料をチャージし 頭から冷え冷えの水をかぶり 速乾のシャツで涼を楽しみます。
海の風は 心地良いです。 

                     \(^o^)/

こたじろうさん

2013年08月03日 23:25

阿嘉島、お疲れ様でした。
カンカンの沖縄の太陽は結構、キツイと思います。
今年は特に高気圧が張り出しているので台風も寄りません。
おかげで海の中も熱射地獄状態の様子です。
今の季節、沖縄は全く釣りになりませんね。
特にルアー系は駄目ですね。

夏の釣り対策・・・特に何もしてないですね。
半袖、短パンに帽子・・・です。
しんどくなったらエアコンで冷やす・・・今度は外に出れない・・・汗
慣れのせいでしょうか?
何時も日中、釣りしてますがしんどく感じた事が
ありません。
日陰があれば快適・・・と思ってます。

清吉さん

2013年08月03日 11:05

「夏でも冬支度」
この格言は山に行く人に言える事でしょうが、海に出る者にも言える事です。
突然の風雨に晒されて、体調を崩すことがあるからです。

私は、長袖・長ズボン・手袋・麦わら帽子そして、表に出る手と顔は日焼け止めです。
さらに、カッコウ悪いが釣り座には日除けのオーニング(テントのようなもの)です。
風が無いとまさに熱射地獄になりますが、風が少しでもあれば、風を上手く通すと涼しくて快適です。
無風時の地獄対策はタオルを真水で濡らして頭に巻く、気分最高です。

すけさん

2013年08月02日 10:54

私は昔は半そで半ズボンが夏の格好でしたが。

今では腕は日焼けして酷いと水泡まで出来たり・・・。
よって長袖・長ズボンが欠かせなくなりました。

白いワイシャツの袖口を切り、七分袖みたいにして使っています。

手には軍手の指先を切り着用していますが、それを忘れると夜には痒くて寝られなくなります。

もちろん帽子は麦藁帽で布が襟まで垂れている奴です。

もっともあまりに暑いカンカン照りの時には釣りには行く気もしなくなり、もっぱら半夜釣りとなりますが。

若い時には夏が好きで半日でも海に浮かんでいたものですが・・・。