趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

カワハギ釣り

9月に入り、空は真っ青な秋の空となり、秋は肝が大きくなって美味しくなったカワハギ釣りのシーズンである。

先日、釣りに出て好漁でした。この日記は此処に書いた方が良かったと思い、此処に投稿をやり直します。自己流のボート釣りなので、釣り船の人には参考にはなりませんが、こんな釣りでカワハギを釣っております。

仕掛けは幹糸4号・ハリス2.5号8cm・針はハゲ6号2〜3本20cm間隔。一人ボート釣りなので集魚板は要らない。針はこのほかにチヌ3号とかマルカイズ9号などあるがいつもハゲ6号のみ使っている。

竿は、カワハギ専用竿は持ってないので、使わないヒトツテンヤ真鯛と言う竿の先を少し切って使っている。普通の8:2調子の負荷20号の竿と同じようなものである。リールはバイオクラフトかコンクエストで普通の小物用である。

餌は釣具屋で売っている冷凍もので、700円から900円くらいの瓶入りや板状のもので充分である。瓶入りは一日でちょうど良い量、板状のものは一日中3本針でふんだんに使っても、足りる。

ポイントは水深10mくらいの岩礁帯や根の周りなどタコと同じポイントである。ポイントには根があり、カワハギは根の天辺ではなく、やや下がった中腹のところを通るようである。

反応は1m以下の底で、海底に張り付いているものがカワハギと思われるが、急な根の中腹では根の影で魚影反応として魚探に写らないことが多い。2m以上上に点々と見えるのは、小鯵・カマスなどで、雲のように固まりで見えるのはイワシであろう。また、高速で船下を走り抜けるのはイナダ、水面でゆっくり動くのはボラであろう。

ポイントに付いたら、アンカーを打って、のんびりと準備をして仕掛けを下ろし、釣り始める。

釣り方は、錘が底を突いたら、餌を取られないように竿先を1mほどゆっくり5〜6回上下させて、その後底で止める。このときに餌を食うので、柔らかいアタリが出る。ここで大きく一気に合わせると針に掛からないので、ゆっくり誘うように竿先を上げる。すると、針に係りカンカンと大きなアタリがでる。あとは引きを竿で矯めながら巻き上げる。大型は水面で横に走ってバレることがあるから、タモで獲るが、中型以下は抜きあげる。

カワハギが餌を食う位置が底だったり、1mも上だったり、群によって変わるので、新しい群が来たら、叩いたあと仕掛けを止める位置を変えて、アタリタナを探るようにする。大体いつも底であるが、時々上のほうで大型が掛かるので、タナを探るのは大事である。

叩いたあと、錘を底に着けたまま、ハリスのテンションをゼロにして、アタリを待つと向こうあわせで掛かることがある。つまり置き竿で食ってくる。このようにいろいろやって、その群に合ったタナや誘いが出来れば、入れ食いになる。

群が居るときは、ガンガン釣って、群が去ってアタリが無くなったら、餌を一つの針に二つ以上いっぱい付けて、下ろし、竿先を激しく叩き、アサリの餌をばら撒いて、コマセにすると餌盗りの小魚が寄ってきて食い、カワハギを呼びこむこともある。

釣り上げたカワハギは鰓のところにナイフを刺して、血を抜き、長い間バケツに入れておかず、出来る限り早く、氷がいっぱい入ったクーラーボックスに仕舞う。

竿・針・仕掛けなど道具や餌・釣法に、こだわりは無く、このコミュニティー「こだわりの船釣り」の趣旨に合ってないかもしれませんが、強いて言うなら、ポイントに拘っている。
その日のポイントを決めるまでは魚探で魚影を見ながら納得行くまで付近を探し回って決めている。(写真は昨年の9月下旬の釣果)

コメント

清吉さん

2013年09月03日 09:27

海親父さん>
良い話を聞かせて頂きました。ありがとうございます。
<根の頭には、、居ません>
やはりそうでしたか、根の頭に居るのはスズメダイ・タナゴ・ベラ・サクラダイなどですね。

<根の中腹よりも下、さらに根回りの砂利や砂の混じった平らな所>
次回はこのところを探してみますね。

<餌取りを追い払って就餌する>
これが置き竿に食ってくる理由ですね。

貴重な情報をありがとうございました。

海親父さん

2013年09月03日 09:11

先日西伊豆の大瀬でダイビングをしたとき、カワハギが沢山居ましたのでゆっくり海中で観察する事が出来ました。

タダさん仰有るとおり、カワハギは根の頭には全くと言って良いほど居ません。根の中腹よりも下、さらに根回りの砂利や砂の混じった平らな所で拾餌しています。

カワハギは下向きで砂を吹きながら餌を探していることが多いのも特徴です。

餌に反応する外道、たとえばベラの仲間などよりもテリトリー意識が強いのか、餌取りを追い払って就餌する行動も多く見られ、これは大型のハギほど強い傾向がありました。

俺はカワハギ釣りは1年に1〜2度ですが、オチョボ口で餌を漁るカワハギをイメージしながら釣るようにしています。

清吉さん

2013年09月03日 07:52

CHAPPYさん>
確かに、掛け損ないや水面で外れたり、するので、おぉーとか、あぁーとか、声が出ますね(^^)
釣って楽しみ、食べて楽しみます。それに、家では食べきれませんので、差し上げて喜ばれます。

CHAPPYさん

2013年09月03日 07:41

カワハギ釣りシーズンが到来ですね!

わたしも この釣りが 大好きです   (・_・;)  連れの 『 あっ!  うっ・・  はっ ・  あぁ・ 』 とか 声を聞きながら  もちろん私も声を出していますが

食べるのも大好きです!!

清吉さん

2013年09月02日 20:05

すけさん>
この海域に居る餌取りは、ベラなどの小魚です。
餌を取られないように、タナを取ったら、竿先を1mほど上下に動かすとか、竿先を小刻みに上下に動かして、餌を外道に食われないようにするだけです。それをこちらではタタキと言います。
このポイントにはフグはほとんど居ませんが、もし居てもタタケば餌は取られないです。
それでも、餌を取るのはウマヅラです。
それは避けられません。

すけさん

2013年09月02日 19:26

カワハギ釣りの時の餌取り対策はどうしていますか。

たとえばフグが多い時には場所を替えたほうが良いとか、日頃感じておられることがあれば教えてください。

清吉さん

2013年09月02日 18:50

Hassyさん>
はい、ありがとうございます。
明日は海は穏やかな良い凪になりそうなので、カワハギを釣りに行こうと思っています。
新規のポイントの開拓です。

Hassyさん

2013年09月02日 17:31

強敵のカワハギをこれだけ揃えるってことは立派なものです。
拘っているからこその釣果だと思います。
これから落ちはじめるときは集団を形成し始めるので
ガンガンと釣りまくってくださいね。