趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

8月歌会 ☆ 自由詠の部 ☆ 作者名発表

『短歌をよもう♪【歌会】』8月投稿歌の作者名の発表です。
==============================

1.あじさいに優しき雨の清しさよ孫の逞(たくま)の誕生の朝(えいこママ)
2.いつよりを人は余生と言うらむか薄紅色の吾が爪のあり(ポルカ)
3.一瞬に眼球掠める庭の葉の予期せぬ奇襲に身をのけ反らし(クリスタルハート)
4.艶っぽく胴をくねらせむつみ合う赤とんぼの尾燃えて眩ゆき(nagare)
5.黄泉に咲く輪廻の花かスパティフィラム2輪立ち上ぐ8月半ば(メロ)
6.夏祭りの宵を洪水のみこみて泥水にもがく祭りの幟(りりちゃん)
7.脚のばし蜂が光のなかを飛ぶ低き翅音の生きのいとなみ(チキチキ)
8.生駒山の樹蔭に受ける夏の風大阪の空吹き抜けてくる(ゆうゆう)
9.娘がおりし合唱団の児童名簿昭和手書きの文字がおどる(tomopi.)
10.木の下に咲く露草のいかほどの花にて染めむかの縹色(junko♪)
11.瞑想と妄想の違いを考える トンボが頭を転がしている(グッドライト)
12.翅甲(よろ)う虫あるきつつ幾たびも翅広げんとしては叶わず(風郎)

==============================

コメント

ぽーちゅらかさん

2013年09月14日 14:14

散歩して足を引きずる紳士には秋のトンボが付き添うて飛ぶ


ちょっと半身に麻痺のあるオジサン、毎朝一人で散歩しています。
せめてトンボがついて飛んでいるのが慰めです。

グッドライトさん

2013年08月15日 22:12

雪しまきさん
だからといって、のけ反らないでくださいね。

落差ですか・・・・・ 
(^^;)

雪しまきさん

2013年08月13日 22:24

11番を出色と評価した想いはいまも変わらないが、作者がグットライトさんと解ってのけ反った。

「地蔵の頭」の歌や「無料券」の歌と、11番の歌との大きな落差はなんといえばいいのだろうか?