趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

『マン・オブ・スティール』

原題:「MAN OF STEEL」アメリカ映画
爆発寸前の惑星クリプトン。科学者のジョー=エル(ラッセル・クロウ)は、生まれたばかりの息子カルをカプセルに乗せ、宇宙へと送り出す。時がたち、地球では特別な力のために孤独な少年時代を過ごしたクラーク・ケント(ヘンリー・カビル)が、放浪の旅を続けていた・・・。

誰もが知るヒーローの、誰も知らない生い立ちの全貌を、スピード感あふれる大迫力で描かれた、誰もが楽しめる娯楽作品でした。
彼はどのような運命の下に生まれたのか、そして青年期までの苦悩や親子の繋がりが丁寧に描かれています。
しかしラストの空中戦は、とにかく長くて途中飽きるし、少々やり過ぎですね。疲れます。(笑)

ヘンリー・カビルは、歴代のヒーローに比べて多少地味ですが、脇をラッセル・クロウやケビン・コスナーなどのスターたちが、がっちり固めているので安心して観れます。

当然続編がありますので、次作にも期待しましょう。
オススメです。

コメント

カズノリさん

2013年10月02日 10:15

クリプトン星・・地球の一つの未来かも??資源採掘しすぎて、破滅の道へ・・大竜巻、9・11を思い出させてくれるビル崩壊シーン 個人的には、地球での母親 ダイアン・レインさんを久しぶり・・・・^^ それにしてもスーパーマンの飛び立つシーンの素早いこと・・・・続編あるでしょうね??楽しみ。あ・・ロイス・レインのカメラがニコンだったのも記憶に…効果大でした。

うっかりさん

2013年09月11日 13:22

あまりにも破壊シーンが多すぎるうえ、え〜まだ30分もあるの!と後半は退屈さえ覚えました。
目がついていけないほどのスピードがあり、迫力も凄かったのですが、
面白いとは思うのですが、私の中ではそれほどでもありませんでした。
でも続編はきっと観るでしょう。