趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

続・〜 意外と知らない海外映画の原題 〜

◆ 興味を持たれた方がおられましたので、ご参考までにまた幾つか挙げて
 おきます^^〜〜。

 「噂の二人」              ?The Children Hour?
 「おしゃれ泥棒」 ?How to Steal a Million?
 「俺たちに明日はない」        ?Bonnie and Clyde?
 「刑事ジョン・ブック/目撃者」 ?Wintness?
 「荒野の決闘」              ?My Darling Clementine?

 「007は殺しの番号」 ?Dr. No?
 「ゾンビ」 ?Dawn of the Dead?
 「黄昏」 ?On Golden Pond?
 「翼よ! あれが巴里の灯だ」 ?The Spirit of St.Louis?
 「天使のくれた時間」 ?The Family Man?

* まだ挙げられる作品がいくつかありますので、次の機会のお楽しみに。
 詳細を述べますといたずらに煩雑になりますので、敢えて邦題と原題だけ挙げてお
きましたが、映画大好きの皆さんには制作された年度・ 国・出演者はだいたい見当
が付かれるのでは。

  ちなみに、私はこれらの全作品を観ています。

コメント

Anakreonさん

2013年09月16日 14:06

肝心の映画本題からはすっかり、逸脱しちゃいましたけれど(苦笑)。

 キリスト教の一派に再洗礼派という流れがありますが、はじめは迫害を受けたので
すけれど、メノナイト派として17世紀以降信教の自由を獲得するに至り、オランダから
ヨーロッパ、さらに新大陸にも伝道を拡張、今日では日本を含み全世界に100万を越
す信徒を有すると思われています。

 大体アーミシュと同じ社会生活を送っていますが、アーミシュはこのメノナイト派の極
端に保守的な一派と言われています。

アンジーさん

2013年09月16日 11:09

本当にアーミッシュの生活は不思議なものでした。。

その後にイスラエルで暮らして、エルサレムでユダヤ教バリバリの原理主義の
人達を見たとき、あ、似てるな〜と思いました。
彼らはエレベーターのボタンすら押さない言われてました。他の人たちに押させ
乗るくせに・・・^^
かなりご都合主義の文明生活否定ではありました。。。

Anakreonさん

2013年09月15日 18:51

私はルーテル派のプロテスタント(クリスチャン)ですので、強いていえばキリスト教の
一派であるアーミシュ(Amish)の存在は、以前から知っていましたから、「刑事ジョン・
ブック」の中で描かれたアーミシュの生活には大変興味を持って観ました。

 世俗社会との隔絶、質素な服装、農牧畜の重視、電気や自動車など技術文明の選
択的不使用などで知られていましたが、実際映画の中でですが、彼らの社会生活を初
めて観て納得出来ました。

アンジーさん

2013年09月15日 16:17

懐かしい映画がたくさんですね。
「刑事ジョン・ブック」・・アーミッシュという宗教団体を初めて知り
とても興味を持ったことを覚えています。

また、「黄昏」は学生時代映画館で泣いた記憶が。。。。
この映画でそれまで不仲だったヘンリー・フォンダとジェーン・フォンダ
父娘が和解したとか言われていましたね。
映画の中で 父親のことを非難する娘に対してキャサリーン・ヘプバーン
扮する母親が「私の夫に何てこというのよ」と娘を叱責するシーンがひどく
素敵で・・・日本とは違うな〜と感動した思い出があります。。。。

Anakreonさん

2013年09月15日 12:12

古い映画が多いですが「天使がくれた時間」は、比較的新しい作品〜日本公開2001年〜
ですので、お二人ともご覧になったのでは。

 1990年代、「ランナウエイ」「ラッシュアワー」で注目を集めたブレッド・ラトナーの、ニコラス
・ケイジ主演のファンタジー映画ですが、決して傑作とは言えませんでしたけれど、何となく
惹かれた作品でした。

あおちゃんさん

2013年09月15日 09:14

映画ファン歴短いから観てない映画ばかりです。
でも邦題は知っていますよ。

[うまい!!]ていう邦題ありますね。

アントニオさん

2013年09月15日 08:10

anakreonnさん〜

「荒野の決闘」いとしのクレメンタインはホークダンスでもよく聞きました
映画と結びついたのは大人になってからですね。

原題よりいいじゃないかという邦題も有りますね、比べて面白いです〜。