趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

御礼

6/18にこのコミュに参加させて頂き、その後かなり悪戦苦闘を続けてきましたが、お陰様で何とかバックテストでまともな値が出るようになりました。
アルゴリズムは、単純移動平均のみですが、少なくとも自分が長い間考えていたやり方が、それ程荒唐無稽ではなかったことがわかり、少し安心しています。

この間、特にメタボーイ(メタ)さん、メタボトレーダーさんには、いろいろと有益なアドバイスや解説をいただき、ありがとうございました。 深く御礼申し上げます。

因みに、EURJPY、1万EUR単位、最大建玉数=5単位、6/22~8/22の2カ月に648往復の売買で、¥72万の利益が出ています。
あくまでもバックテストの結果ですから、実売買での実数値はこれより相当悪化するとは思いますが、それでもこの1/2~1/4程度の利益が出れば、個人のビジネスとしては、何とか使い物になるのではないかと淡い期待をしています。(←少し考えが甘いかも知れません。)

これまでシミュレーションのみでしたが、そろそろ、最小単位で実売買を試行してみようと考えています。

以上、御礼を兼ねて現状の御報告まで。
今後とも宜しくお願い致します。

コメント

atsuoさん

2013年08月26日 14:18

メタボトレーダーさん、コメントありがとうございます。

>バックテストとデモ(フォワードテスト)、デモとライブの差異は、・・・・。

御指摘のとおりですね。
確かにバックテストごときで浮かれていてはこの先が思いやられます。

私の検討の進め方の順序は;
(1)構想(頭で考える)
(2)機能シミュレーション(BASIC言語を使用しています)
(3)MT4によるバックテスト
(4)MT4によるデモトレード
(5)実売買

の5段階を考えています。
利益率の数値は、1>2>3>4>5 の順に小さくなってゆきます。
実売買では、spreadの瞬時変動等、シミュレーションでは表現しきれない様々な要因があるので、これは仕方ないですね。

ただ私自身にとっては、(2)→(3)の段階で、今まで四苦八苦していたものが、なんとかそれらしき値がでるようになってきた、即ちようやくMT4の土俵に乗ることができた ということで、一つの大きな壁が乗越えられたような気がしています。

利益率については、FXバトルロイヤルで表示されていた「年率24%」を見て、素晴らしい値だと感心して拝見していたのですが、今回のバックテストでは、それよりかなり良い数値が出ています。
ただこれは、あくまでも数値シミュレーション上でのお話し。

相場の世界、それほど甘いものではありませんから、今後→(4)→(5)と進むにつれて、現在はまだ見えていない、いろいろな問題点が出てくるのだろうと想像しています。

今後とも、アドバイス等、宜しくお願い致します。

メタボトレーダーさん

2013年08月26日 00:47

美しい資産曲線ですね。 素晴らしい!

ご存知と思いますが、採用しているロジックや手法、バックテストの時期や期間次第では、バックテストとデモ(フォワードテスト)、デモとライブの差異は、プールと海での水泳以上にもなることもありますので、お気をつけて。

また、報告を聞かせてくださいね。