趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

デューカスコピー・ジャパンのMT4について

スイスのネット銀行であるデューカスコピー社は、2015年、日本に完全子会社を設立し、この4月からメタトレーダー4(MT4)によるFX取引サービスを提供し始めました。

ここに特筆できると私的に思う点を記してみることにします。

① 会社信用度
FXを行う上で取引会社信用度の有無はリスクのひとつと考えられます。
デューカスコピー・ジャパンはスイスの銀行を母体としていますので、会社としての信用度は高いと思われます。

② 特異通貨
取扱通貨ペアは38種類と多い方ではありませんが、NOK、SEK、SGDが含まれているので、これらの通貨ペアを取引できます。
ただし、MXN、TRY、ZARなどの新興国通貨は扱っていません。

③ スワップ
比較的良い値が安定して設定されています。

④ 手数料
手数料はスプレッドに含まれるのが一般化していますが、ここでは外だしとなっています。
その算定方法は少し複雑で、預金総額、純資産、取引金額によって異なります。
例として、最大の往復手数料を pips 換算で通貨ペア毎に示すと以下の通り。
USDJPY 0.7 pips
AUDJPY 0.5
EURJPY 0.8
GBPJPY 0.9
NZDJPY 0.5
AUDUSD 0.5
EURUSD 0.8
GBPUSD 0.9
NZDUSD 0.4
これらをスプレッドに加算すると、優位性は見られないと思います。

⑤ カバー取引先
カバー取引先はデューカスコピー銀行だけなので、流動性の急激な上昇時にちょっと不安があります。

このように優劣が混在していますが、会社信用度があることは重要ですので、使えるMT4会社の候補として挙げられると思っています。

コメント

コメントはありません。