趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

3月31日 岡山 33年に一度のご開帳

このイベントは終了しました

3月31日 岡山 33年に一度のご開帳
開催日時:

開催場所:岡山県倉敷駅前②バス乗り場 地図を見る

このイベントは終了しました

コミュニティ 仏教行事を観に行こう
主催者 kurataid
カテゴリ 日帰り観光
タグ
  • 秘仏
  • 良寛
  • 式年開帳
料金
  • 0円
料金用途 拝観料その他自己負担
参加人数 1名
募集人数 8名 受付終了
最小催行人数 2名
対象
開催日時
開催場所 岡山県倉敷駅前②バス乗り場 地図を見る
募集期間
イベント内容 平日なので、半ばあきらめておりましたが、

これを逃せば次回は80才の参拝となるので

会社に有休を申請してお参りすることに

しました。このお寺以外に良寛さんゆかり

のお寺にも参拝します。その日は大阪から

東京へ夜行バスに乗車しなければならず、

夕方5時に新倉敷駅で解散です。

参加者専用伝言板

公開伝言板

公開伝言板に書き込んだ内容は、すべての会員が見ることができます。参加者専用伝言板はイベント参加後にご利用になれます。

kurataidさん


江戸四大書僧・寂厳の思いに迫る 倉敷・宝島寺が漢詩集出版へ










「松石餘稿」出版に向け、打ち合わせをする下定さん(左端)と釋子住職(中央)ら=宝島寺

寂厳が遺した「松石餘稿」。朱も入れながら生涯推敲を続けた様子が伝わる


 「江戸の四大書僧」として良寛らと並び称された寂厳(じゃくごん)(1702~71年)ゆかりの宝島寺(倉敷市連島町矢柄)は、その奥深い人物像を知ってもらおうと、同寺に伝わる直筆の漢詩集「松石餘稿(しょうせきよこう)」の出版に取り組んでいる。地元の同寺関係者が原典を活字に翻刻し、漢詩研究の第一人者で岡山大名誉教授の下定雅弘さん(70)=大阪府富田林市=に現代語訳と注釈を依頼。104編の詩に込められた寂厳の思いに迫っている。

 寂厳は足守藩士の家に生まれ、11歳で出家。円福寺(倉敷市沖)の住職から京都に遊学し「悉曇(しったん=サンスクリット語)学」の研究に打ち込んだ。40歳で宝島寺の住職になり、晩年まで約30年間を過ごした。同寺に数多く伝わる研究書を中心にした著書や書跡などは、一括して県重要文化財に指定されている。

 寂厳の著書を調査してきた同寺の釋子哲定住職によると、「松石餘稿」は10代から最晩年まで人生の哀歓をうたい、推敲(すいこう)を続けたライフワーク。「寂厳の心の声」を多くの人に伝えようと2012年、宝島寺古文書研究会の三宅昭三さん(74)=同市、米沢誠介さん(76)=笠岡市=らの協力を得て、出版に向けた作業に着手した。

 寂厳が詩に込めた思いを深く読み解くため、下定さんに協力を依頼。下定さんは現代語に訳していく中で「中国の漢詩に基づいて一つ一つの言葉を選び、自身の思いを自在に表現している。博識ぶりと応用力に驚かされた」とした上で「実直、素朴で温かな人柄を実感する」と語る。

 例えば、京都遊学を前に詠んだ詩は「経典を読みそらんじ、厳しい求道の道を進んでいく覚悟である」と率直に語り、弟子には「発心の初めを思い起こせ。成功は必ずそこにある」と諭すなど、ひたむきに信仰する高潔な人柄がしのばれる。一方、当時は気味悪い生き物とされたホタルを「宝玉が飛ぶよう」と素直に称賛し、朝寝する知人の高いびきを「山を崩すようなものすごい音」とからかうなど人間味も伝わる。

 現在、全編の解読を完了し、5月上旬の刊行を目指して詰めの作業中。2千部作り、同寺関係者に配るほか、希望者には販売も予定している。釋子住職は「郷土が誇るべき偉人の寂厳を身近に感じ、親しむきっかけにしてほしい」と期待している。

 31日に本尊を33年ぶりに開帳

 宝島寺は31日、33年ぶりとなる本尊・十一面観世音菩薩(ぼさつ)像の開帳法会を行う。修復工事を終えた仁王門(倉敷市重要文化財)も併せて公開する。

 同寺は、859(貞観元)年の開基と伝わる真言宗の古刹(こさつ)。平安時代の作とされる十一面観音像は33年に1度公開する秘仏。稚児行列を中心にした練り供養の後、午前10時から本堂で開帳する。市重文に昨年指定されたばかりの木造天部立像(りゅうぞう)をはじめとした寺宝約100点も本堂や客殿で披露する。

 昨年9月から修復していた仁王門は午前9時半に落慶式。室町時代の創建当時を思わせる鮮やかな丹(に)塗りの姿を見せる。

 寺宝の展示のみ4月1日まで。問い合わせは同寺

機能変更のお知らせ

1, 「参加者全員に連絡先を送る」は「主催者連絡先を教える」に変更になりました。

今までは参加者全員にミニメールで主催者連絡先を送信していましたが、これからはイベント詳細ページに主催者連絡先が表示されます。

1, 「参加者全員に連絡先を送る」は「主催者連絡先を教える」に変更になりました。

※主催者連絡先はイベント参加者のみにしか表示されません。 ※主催者連絡先が記載されたことはアラートで参加者に通知されます。

2, 「参加者全員にミニメールを送る」は「参加者全員にお知らせを送る」に変更になりました。

今までは参加者全員にミニメールを使って連絡していましたが、これからは参加者専用伝言板を使って参加者全員にお知らせを送ることができます。

2, 「参加者全員にミニメールを送る」は「参加者全員にお知らせを送る」に変更になりました。

※参加者専用伝言板に書き込みがあったことはアラートで参加者全員に通知されます。 ※参加者専用伝言板はイベント参加者のみ閲覧可能です。