趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

「写真でしりとり」8月号 お題は「夏」 => 「味覚」

暑中お見舞い申し上げます

このところ関東は幾分凌ぎやすい日々となっていますが、関西以西は大変な猛暑ですね。
くれぐれもお体ご自愛ください。

さて、今月のジャンルは「夏」。 狸腹おやじさんからの出題です。(有難うございました。)
お盆行事など八月を連想するものなら何でも・・・ 夏祭り、花火、避暑、山・海の思い出など色々。

新しく参加の方、歓迎です! どんどん入ってくださいね。

☆ 改めて「写真でしりとり」の説明をします。

「写真でしりとり」は、
♪ 言葉の遊びと写真との連携!
♪ ただ言葉をつなげるだけでなく、
♪ その「言葉」にまつわる思い出、知識を写真とともに語り合います。

ルールは、
・ ご自分の作ったしりとり(=言葉)に関係する写真を添付します。(出来るだけご自身の撮った作品を)
・ そして、その「言葉」にまつわる思い出、知識などの説明を加えます。(なくてもOK!)
・ 「言葉」は3文字以上。 「ん」で終わるのはダメ。 「きかんしゃ」のしりとりは「しゃ」、「や」ともOK。
それともう一つ
・ 「ジャンル」(例えば、「食べ物」、「昆虫」)が指定され、その枠の中で進めていきます。
・ 指定のジャンルで行き詰った時、理由を付けて他のジャンルへの変更ができます。

◎ ルールの不備などで止まってしまった時、みんなでワイワイ云いながら解決することにします。
◎ 順番は、かけなり => ねこじゃらしさん => えーちゃんさん => じゃむさん => へらぶないちろうさん 
   => しゅうさん ですが、≪飛び入り≫ 大歓迎です♪
◎ 順番が回ってきたら、3日以内に次の方に回すようお願いします。

それでは、Go!

コメント

かけなりさん

2013年09月12日 18:40

*************************
このトピはここでお終い
*************************

新しいトピ「写真でしりとり」9〜10月号」を開いてください。
  お題は、相変わらずの「味覚」、、、よろしく!

しゅうさん

2013年09月09日 12:33

お待たせしました
「げ」では思い浮かばないので「け」にします
「け」といえば、やはり「毛蟹」でしょう
3文字ですが、ご勘弁を・・・

ケガニ(毛蟹、Erimacrus isenbeckii)は、エビ目カニ下目クリガニ科に分類されるカニの1種。北西太平洋の沿岸域に広く分布する大型のカニで、食用に漁獲される。別名はオオクリガニ(大栗蟹)。

特徴[編集]最大で甲長120mmに達し、オスの方が大型になる。全体的にずんぐりした印象で、体は全身が淡赤褐色で、体を覆う殻はあまり硬くはないが、短い剛毛が密生し、和名はこれに由来する。甲羅はわずかに縦長の円形で、鋸の歯のような棘が両眼の間に4つ、甲羅の側面に7つある。歩脚は太く、甲羅と同様に短い毛と棘が密生する。鋏脚は歩脚よりさらに短く、太さも棘も歩脚と同じくらいである。

分布[編集]日本海沿岸、茨城県以北の太平洋岸からアラスカ沿岸まで、太平洋北西部とその縁海に広く分布し、水深30-200mほどの砂泥底に生息する。

生態[編集]オスの脱皮周期は1年、メスの脱皮周期は2年または3年である。食性は肉食性で、多毛類、貝類、他の甲殻類、小魚などのベントスを捕食する。一方、天敵はオオカミウオやミズダコなどである。

第9齢期以降に生理的な成熟を迎え、メスは交尾後に3万粒から6万粒を産卵(受精)し、産んだ卵は他のカニと同様に腹脚に抱えて保護する。交尾後は、交尾栓が形成される。受精から孵出(放出)するまで1年程度かかり、13ヶ月から16ヶ月おきに産卵する。北海道では3月から4月に孵出(放出)された幼生は、他のカニと同様にゾエア期に放出されメガロパ期を経て3ヶ月程度で第1齢期に達し着底する。なお、多くの齢期での繁殖期は春であるが、脱皮周期の関係で冬に繁殖を始めるものも少数存在する。交尾や孵出時期は生息域の海水温により変動するが、データは少なく解明は進んでいない。

メスは産卵後しか脱皮できないため、オスより成長が遅れる。繁殖力も低く、乱獲されるとなかなか漁獲量が回復しない。

かけなりさん
  「に」で宜しく〜

しゅうさん

2013年09月09日 07:39

げ!いつの間にか番が・・・
ちょっと待っててね

じゃむさん

2013年09月01日 20:43

ありがとうございます。
「と」から始まる味覚(グルメ)は、豊富にありますね。

その中から、ちょっと迫力のある一品を。

「鶏の唐揚げ」
 私の大好きなメニューです。
 ごはんもビールもススみます。
 おかげで、夏バテ知らず。
 しかし、これを一人で平らげると、しばらく唐揚げから遠ざかりたくなります(笑)

小諸市の浅間サンライン沿い、『山番』という店。
ビッグな鶏の唐揚げは、結構有名なんですが、実はここラーメン専門店なのです。

それではお次、「げ」 or 「け」 ということで、
しゅうさん、どうぞよろしくお願いします。

えーちゃんさん

2013年08月31日 01:24

遅くなりましたー。
絹ごし豆腐毎日戴いていますよ。
納豆も毎日食べていますが、豆パワーで今年の猛暑も
乗り越えられそうです。

私にとってもう一つ頼りになる食べ物と言えば
「フレンチトースト」です。
暑い昼下がり、食べるのもめんどくさいと思う時があります。
そんな時、たっぷりのミルクと卵と砂糖に食パンを浸し
フライパンで焼くと出来上がり。
そこに家で採れたプラムのジャムを掛けて戴く。
飲み物は良く冷えた豆乳。
これがたまりまへん。

昼からもガンバロウって気になるから不思議。

皆さんもいろんな食べ物で猛暑対策をされてるようですね。

すみません。いつもあっという間に食べてしまって写真がありません。
雰囲気の似た写真をお借りしました。

ってことでじゃむさん、「と」「ト」でお願いします。

かけなりさん

2013年08月27日 20:30

カメノテは磯で採取して、味噌汁に入れて食したことがありましたが、熊の手が珍味だったとは初めて知りました。 ゾウノテなんかがあったら凄いね。<笑>

さて「て」ですね・・・・・
かけなり幼少の頃大好物だった、「鉄火巻」といきます。
ご存知、マグロの赤身を芯として、これを酢飯と海苔で巻いたもの。
自家製の鉄火巻、簡単に作れそうですが我が家では実績ゼロ。
すみませんが、ネットより寸借の写真でご勘弁を。

それではねこちゃん、「き」でよろしゅう♪

しゅうさん

2013年08月24日 12:26

「く」ときいて、なぜか熊の手が頭に浮かびました
食べたことも無く、食べる気もないのになぜか気になる
そうか、数日前に読んだ小説に山で熊に遭遇する場面があったからだな

4月22日に熊本ホテルキャッスル四川料理・桃花源で20年ぶりに開催された満漢全席の中から「熊の手の煮込み」をご紹介したい。
 写真左の通り、調理された熊の手の爪5本が皿に並び、隣の皿には左手がポンと可愛く収まっている。しかし、調理された煮込みは写真右の通りかなり原型をとどめており、何となくグロテスクな姿に一歩、二歩引きたくなった。

 調理手順は、先ず熊の手に生えている毛を全てペンチでむしり取り、更に指の骨を全て取り去り、それから本格調理に入るようだ。味付けは八角の香りがほのかに熊の手を包み込み、黒豚の角煮をより緻密且つ繊細にしたようなゼラチン肉質の逸品。

 今回の満漢全席に出された9品の中でも、トップクラスの珍味として参加者には好評であった。

じゃむさん、かけなりさんは経験ありますか?
皆さんはいかが?
気分が悪くなった人、ごめんなさい

ではかけなりさん、「て」でよろしく〜

かけなりさん

2013年08月24日 09:57

美味しそうなメンチ、、、 かけなりも好物です♪

後ろにあるやかんの格好といい、ソースの容器といい、何とも郷愁を感じます。

じゃむさん

2013年08月24日 06:18

あれれ・・・ ジャンルは、「夏の味覚」 ではなくて、かけなりさんのところで、
単なる 「味覚」 にチェンジしてるんですよね ヾ(;´Д`●)ノ

で 『お口に入れられるものなら、、何でもOK』 って。
その前提でいきます。

「メンチカツ定食」

  メンチカツは、トンカツよりも安い庶民のおかず。
  B級的定食。
  写真撮っておいてよかった・・・

すみません、時間がないので、こんなところで失礼いたします。
これからバイクで出かけます。雨上がってよかった!

それでは、しゅうさん、「く」 でよろしくお願いします。

えーちゃんさん

2013年08月23日 13:56

ねこちゃん「り」ありがとさん
涙が出るほどうれしいわ

夏の味覚・食べ物で検索したけどなかなか「り」がない
そこで息子に相談したら「夜店のりんご飴はどうやろ」って

そういえば息子が小さかった頃、祭りに連れて行くと必ず
夜店でぐずった。
あれ買って、これ買ってて。
ええーっとか思いながら親である幸せを感じたものでした。

その息子も30過ぎのおっさんに。
知らない内に私よりずいぶん大きくなりました。
死ぬまでスネをかじってやろう。

ってことでじゃむさん「め」「メ」でお願いします。

かけなりさん

2013年08月18日 23:35

皆さ〜〜ん

ジャンルが、、、☆☆☆ 味覚 ☆☆☆ と変わっていますよ♪

お口に入れられるものなら、、何でもOKですよ〜〜〜

じゃむさん

2013年08月18日 22:49

おお、そのルールがあったこと、すっかり忘れておりました。
今度、使わせていただきます。

かけなりさん

2013年08月18日 22:11

いただきました「り」、、、 汗拭きふき頑張りましたが、「夏」ジャンル規制下ではギブアップ!

≪指定のジャンルで行き詰った時、理由を付けて他のジャンルへの変更ができます。≫のルールを頂戴して、秋も近いことですので、ジャンルを「味覚」と変更させていただきま〜す。

それでは、早速に「リンゴジュース」と行きます。
我が家の冷蔵庫にはいつも写真のものが入っています。
甘酸っぱくて、ノド越し爽快!!

次は、「す」でねこちゃんなんだけれど、大丈夫かな・・・

しゅうさん

2013年08月17日 22:20

「ず」でなく、「す」で行きます

夏ならば「スイカ割り」でしょう
2日前、川へ親戚一同(20人)でBBQに行きました
孫は総勢9人、暑いのに元気でしたねぇ
それで孫達だけでスイカ割りをしました
盛り上がりましたね
川は涼しくていいね
みなさんはいかがお過ごしでしょうか

では、かけなりさん、「り」で頑張ってね〜

そうそう、スイカ割りにもルールがあるらしいです
下記の例を参考にしてね

http://www.mitinoku.or.jp/tokusan/suika_wari.htm

しゅうさん

2013年08月17日 22:12

じゃむさん

 可愛いじゃないですか
 でも頭は暑いだろうなぁ(失礼しました)

かけなりさん

2013年08月15日 07:34

わっはっはっ、、の、、は!
正に極道そのもの・・・<爆> いや、失礼。。。
ちょっと、こわごわ見惚れてしまいましたよ。
「おら〜」じゃなくて、「お〜ら」が立ってますぜ!

じゃむさん

2013年08月15日 00:34

回答遅れてて、すみませ〜ん!
この暑さで、頭もオーバーヒートしちゃってるし・・・

「夏」に関係のある「う・・・」の写真、どうにもみつかりません。
いくつか思い当たるんですが、写真持ってない・・・ (>_<)
こうなったら、しかたないです、ここで、思い切って、特別なやつを出します!

元来、私の頭は丸刈りなんでですが、今のヘアー?スタイル、夏向けにほぼスキンヘッド。
で、例えて言えば、今の風貌は、

「海坊主」!!!

  そうです、写真は私。大公開!
  あ〜あ、ついに出しちゃった (*゚Д゚)
  海坊主というよりも、や〇〇の怖いおっちゃんだって?
  サングラスかけりゃ、誰だってこうなるんすよ!
  サングラスを外すとガラっと変わって、人の良い"おしょう様"なんだから・・・

これ、バイク仲間が撮って、コミュに勝手にアップしたおふざけ写真。
肖像権もへったくれもなし!(-_-;)

なお、実物の私は決して怖いおっちゃんではありませんので、どうか誤解なきよう・・・

大変お待たせしました。
お次は、今も、しゅうさんでよろしいんですよね。
「ず」でよろしくお願いします。

じゃむさん

2013年08月12日 19:28

連日、無茶苦茶暑いですねぇ。

昨日から、苦手の「う」の字が宙に浮かんでいるんですが、
加えて「夏」縛り・・・ なかなか見つかりません。
いくつかあるんですが、写真が・・・ 
もう少し時間ください。

かけなりさん

2013年08月11日 13:02

う〜む、なるほど、、えーちゃんさんが『蚊取り線香は夏の恋人』と仰っているのが良くわかります。 蚊の方も線香の煙をかいくぐってえーちゃんさんの美味しそうな皮膚に軟着陸を企てていると思いますよ! 何せ、蚊にとっては子孫繁栄の大きな使命がかかってます。<爆>

かけなりは山茶花の垣根の剪定前には蚊への完全武装。 このくそ暑いのに、長袖しゃつ、長ズボン、手袋、麻の手ぬぐいをかぶって麦わら帽子で押さえると、眼の前ではブンブンうるさいですが、一か所も刺されません。 

えーちゃんさんの場合、こんな格好はムリだから、やっぱり恋人が必要ですね。
それにつけても、お庭の広さにはビックリしましたぁ〜〜

えーちゃんさん

2013年08月11日 11:36

すみません行方不明になっていました。
乗鞍や上高地に行って来ました。
現地の気温は15度くらいでまさしく別世界。
天国に召されたのかとおもいましたね。

で、戻ってきたら猛暑の現実から逃れられません。
今日も暑さと戦いながら生息しています。
皆さんもこのサバイバルゲームに勝ち残りましょう。

しりとりですが、夏で「か」と言えば「蚊取り線香」でしょう。
私にとってこの蚊取り線香は夏の恋人。
外にいる時はいつもやさしく腰に寄り添って私を守ってくれます。

この季節、私の日課のひとつが庭の草抜き。
朝食を済ませると作業着に着替え、腰に蚊取り線香をぶら下げ
いざ庭に。
庭と言ってもただの空き地、高低差もあり家の周囲に300坪ぐらいあります。
そこにびっしりと育った草をひたすら抜きまくる。
でもこの暑さ、まともに抜いていると干からびて熱中症に。
そこで午前中は建物の西側、午後は東側。つまり影の動きについて移動。
だから影の出来ないところはなかなか抜けません。

影の無い真昼間は音楽の練習。
今日は神社で仲間と雅楽の練習。
今週は2回お祭りで演奏します。
神社には蚊が多く演奏中に指にとまられることも。
そんな時も助けてくれるのが「蚊取り線香」
強い味方です。

ってことでじゃむさんお待たせしました。
「う」「ウ」でお願いします。