趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

今日は色んなお知らせです

これはひまわりの会への入会紹介ビデオですよ

https://www.youtube.com/watch?v=UYFCd89RMqk&feature=youtube_gdata_player
チャーリさんの説明ビデオです。

https://www.youtube.com/user/saka35jp?feature=watch

虹のパレット:帰ってきた「恐怖の金縛り君」=岡村孝子 /愛知
毎日新聞 2013年09月23日 地方版

久しぶりになっちゃいました。金縛り。医学的、科学的には「体は眠っているのに意識だけが目覚めた状態」だということは、わかってはいても、怖いんですよね、これが。
学生時代から、たびたびありました。体が硬直して動きたくても動けない程度のは。

ところが音楽の仕事を始めてから金縛り度が重症化していき、金縛りになる時期と感性・感覚が研ぎ澄まされている時期がイコールになって……。手っ取り早く言うと曲の書き時だよ、ということが分かっちゃったんです。

 残念なのは、今はアルバムを作りあげたばかりで、創作モードのふたをパタンと閉じてしまい、しばらく作らないぞっ!と決めてしまったこと。本当に残念です。(おい、おい、作りゃいいじゃん)

 冗談はさておき、ソロデビューして最初にやつがやって来たのは、6畳一間のアパートで1人暮らしを始めた28年前、23歳の時。ちょうど丑(うし)三つ時の頃、寝ている私の周りを何十人もの人が歩き回っているんです。まるで私が往来に布団を敷いて寝ているみたいに。

 通り過ぎて行く人が「寝てるの?」「起きてるんじゃないの?」なんてのぞきこみながら、みんなで私のほっぺたをピタピタ触っていくのです。怖くて怖くて、朝まで目をつぶり続け、完全に人の気配が消えた頃、そっと起きて玄関に行くと鍵が開いていたことに気付き、そちらの方が100倍ぞっとしたっけ。

そんな恐怖の金縛り君は、アルバムを作る時期になるとやって来るようになりました。不思議なことに、それが35歳の頃、育児を始めてからパッタリこなくなりました。
「もしかしたら創作より育児に励め、ということか」なんて
金縛りのことをすっかり忘れていた、とある日、やつは帰って来ました。

 2年ほど前の夜中に、夢の中で(なぜか私は実家の仏間に座っていたのですが)机の下からいきなり出てきた何者かの手に足をつかまれ、机の下に引きずりこまれ、そのまま体半分くらい壁の中に吸いこまれたのです。

 ものすごい恐怖の中、私のベッドで寝ていた愛犬のハッピーが「ウーッ」とうなり声をたてて、やっと目が覚めました。

 「助かった」とホッとしたのもつかの間、数分後、眠りについた私は再び同じ仏間で机の下から足をつかまれ壁の中に……。

 またまたハッピーがほえたててくれ、無事に現実に引き戻されましたが、2度も足をつかまれた感触は生々しく残っています

そして先日、京都でツアーの最終日を終えて自宅に戻って来た夜、寝ている私の顔にビュンビュンと風が吹きつけて段々と激しくなっていきました。

 「このまま行くと、また何か来そう」と思い、顔を横に向けて隣のベッドに寝ている娘に向かって声を出そうと試みましたが、なかなか声が出ないのです。

 やっとのことで娘が気づき、私の腕をつかんでくれた途端、金縛りが解けました。

 「ママがうめき声を出すから、びっくりした」という娘に「ママの足を触ってみて」と頼んでみると、笑っちゃうほどの鳥肌で、とりあえず私の恐怖は理解してくれた様子です。でも、しばらくの間「私が助けてあげたんだからね」と恩着せがましく言われました。トホホ。

 今年はパワーをもらおうとハワイ島のパワースポットに行き、そのパワーが切れたと夏に伊勢神宮にも行ったのでパワーが余っているのでしょうか?

 パワーのもらいすぎに注意しましょう。それとも創作のふたを開けてみるべきか……。
(シンガー・ソングライター)以上色んなお知らせでしたね(^_^)

コメント

コメントはありません。