趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

脱原発へ高校生交流 福島の8人、独に出発

原発問題についてドイツの高校生と交流するため、成田空港を出発する福島県の高校生ら=15日

http://www.kahoku.co.jp/news/2013/08/20130816t65002.htm

 福島県の高校生8人が15日、原発やエネルギー問題への関心が高いドイツで現地の高校生と交流するため、成田空港を出発した。ベルリンで10日間ホームステイして意見交換するほか、高校でスピーチして福島の現状を訴える。
 避難先の米沢市から福島県立福島南高に通う菅野莉央さん(15)は出発ロビーで「福島が大変だということを伝えて、原発を使わないという選択をしたドイツの市民や高校生の意見を聞きたい」と話した。
 8人は福島県の高校に通う1〜3年生。ドイツ訪問は、被災地支援団体「アースウォーカーズ」が「脱原発を進めるドイツでエネルギー問題について学んでほしい」と企画。同県のホームページなどを通じて参加者を募集した。
2013年08月16日金曜日

※高校生ですらここまで意欲的に脱原発を考えている、、、、
大人達はもっと本気にならないとね、、、、!

コメント

コメントはありません。