趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

ヘルメットの重さで思うこと

一応、フルフェースを使っています。
アライなどの有名メーカーではないので 重さが書いてありませんでした。
体重計に乗って持つ持たないで差をだすと1.6kgと1.5kg
今2つ保有しています。

 頭の重さは、水の体積で(バケツに水を一杯くんで頭を入れてこぼれた
水を量ると)目安にはなりますが、正確には出ないようです。
 一般には5kgとか言われていますが。

 ヘルメットが軽いほうが、いつも使用する分には負担がかからず
いいように思いますが、重さがかかるには 締め付けやかぶる角度にもよるでしょうね。

 アライヘルメットでは、1.5kgと1.6kgが出ていました。
それに比較すればまあまあな重さかもしれません。

 ヘルメットの形状で風の流れる向きがかなり変わるとは思います。
それに乗っている姿勢もあるでしょう。

なかなかむつかしい領域ですね。

 それとスピードが出るには、体重を60kg以下に抑えたほうが
スピードは出ますね。今、72kgあります。
55kg以下の人と並走で走ってみると差はすごく出てきますね。
それを経験するとがくぜんとしました。
体重は軽いほうがいいように思います。初動発進ですぐ出て行く必要性が
ある時があります。また筋肉を鍛えればいいですね。
90cc以上では、腕を伸ばして体重移動でカーブを曲がるようですが。
なにせ50ccを乗っております。
まあ、速さを競うレースの仕事ではないのですが。

 競馬のジョッキーや競艇選手は体重を落とす理由がわかります。

コメント

セイシェルワさん

2013年09月29日 07:27

ふくちゃんさん
お気を使っていただきありがとうございます。
強度の点は、私も少し気になっていたところです。
単車の交通事故は、起きてしまうと,体をかばいきれないのが
ふつうですね。手をつけば角度が悪いとすぐ骨折か筋を痛めて
しまうように思います。
 柔道みたいに(授業で経験)ある程度の受け身の体制がとれるようなわけには
いかないと思っております。

セイシェルワさん

2013年09月29日 07:19

motoさん
ヘルメットを単車によって使い分けですか。
それが」よいのはよくわかります。
私は、60代になると事故が怖くなってフルヘェースしか
使う気が出てきません。
夏は、汗が出てヘルメットがびしょびしょになり掃除もたいへんですが、冬は汗も出にくくて
掃除もらうで気温の寒いのも防御できるので今のところは快適です。

セイシェルワさん

2013年09月29日 07:13

LUKEさん
単車には20代に乗ってまた60代になって乗るため
ヘルメットの移り変わりをよく知りません。少し勉強します。
 高額なヘルメットは、洗うときには部品をばらしやすくなっているので
その点は、らくでした。

セイシェルワさん

2013年09月29日 07:08

がんたろうさん
原付ですと体重があればもろにスピードに影響しますね。
まあ、ヘルメットは丈夫で安全なものをと思っております。
フルフェースであれば、地面に顔をぶつけたとき
あごの骨をカバーするのにはいいと思います。
 けっこう あごの骨折は大変なようです。
フルフェース以外だとあごをブロックするにはむつかしいように
思います。
 競馬ジョッキーは、フルフェースを使っていないですね。かっこうだけかぁ。
でもないんでしょうけど。馬体で揺れて地面がよく見えにくいんでしょう・・・・。
ゴールした時の顔で土をかぶっているのを見ると少しかわいそうです。

フルフェースだといいことがもう一つあります。
別の車の排気ガスをあまり吸い込まなくていいように思います。
単車では、駐車した場合、乗るときはできるだけ前方から乗るようにも
しています。自分の単車の排気ガスをできるだけ吸わないからです。
 でも運転中に呼吸がしずらいときは、顔面強化プラスチックを少し開けて
運転しております。

ふくちゃんさん

2013年09月27日 23:35

こんにちはー

個人の方がヘルメットの強度実験をした動画を紹介したかったのですが、どうも見つからなくて。

ハンマーで同じ様にたたいても、はじき返す製品もあれば、あっさりと貫通する製品、バッサリと割れる製品もありました。

貫通するシーンなんか、ゾッとしましたよ。

その動画でわかったのは、はじき返したのがアライ・SHOEIだったことだけでして、残念ながら貫通や割れたメーカーはわかりませんでした。

実は私、ホームセンターで3000円で買ったフルフェイスを使ってますが、まずいですよねぇ(>_<)

motoさん

2013年09月27日 22:38

私も安全性重視で。なるべく選ぶようにしています。
とは言うものの、原付きに乗ってるときは、ジェットヘルメットの安いもの。サイズもフリーサイズ。ちゃんと合わせなきゃいけないのだけれどね。

そういえば、、先週の日曜日、帰り道にお坊さんから、「同じヘルメットですね」って、声をかけられました。会釈はしましたが。
この時は、SHOEIのヘルメットをかぶってました。(笑)

ルークさん

2013年09月27日 22:07

ヘルメットもアライとショウエイが独占市場でしたが
いろんなメーカーが参入していますね。

値段に開きがあるので高い方が安全と思われ勝ちですが一概にそうでもないみたいです。

デザインや色も含めて選ぶ楽しみがあっていい時代になりました。

がんたろうさん

2013年09月27日 09:20

「改造して1馬力上げるなら体重を1kg落とせ」と言われた事があります(笑)

50ccだとパワーウエイトレシオが良く分かりますね。

ヘルメットは軽さより安全性で選びましょう。

セイシェルワさん

2013年09月27日 07:26

じょうさん
コメントありがとうございます。
ヘルメットの重さは、フルフェースでもせめて1kgぐらいになれば
かなり首とかその他に負担がかからないようになるでしょう。
ヘルメット技術革新でそれを期待したいですね。

草レースをしておられたのですか。若いときには何でもチャレンジしておくべきですね。
けがをしなければ楽しい経験にもなります。

体重を落とせばかなりスピードが出ますね。
けれど仕事場の仲間には、自分の体重のことは言わないようにしています。
自分がみじめになってしまうからですが。苦笑)

じょうさん

2013年09月26日 22:01

僕は、昔草レースやっていて、よく言われたのが、バイク1KG落とすより、人間の体重を1KG落とすほうが楽だ。って言われてました。今そんなことを思い出しました。

公道では、安全第一で、走行してください。マシンの調整しだいで、かなり変わりますし、速さを求めるには、いろんな事がありますよ。