趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

「年金生活」と「権利収入」

細々と「年金生活」で、この先に不安を持たなかった訳ではなかった。

先日は、「高齢者保険料の天引き」をする旨の知らせが市役所からあった。

また、もろもろの事情で「年金の減額」についてのことも不安のタネであった。

体調も、一年ほど前から急に悪化し、9月にはとうとう入院し、ステントを2個挿入する事態にもなって、最後の砦であった「健康に対する自信」も砕けてしまった。

唯一の支えは、「根拠のない、電気代不要の明るさ」それを自分は20年ほど前から「トイレの100W」とウソ吹いている”カラ元気”!!!

最近、若いお笑い芸人が、「トイレの100W」の形容を使っているのを聞いて、「無断使用だ!!」なんて思いながら、楽しんでいる自分もあった。

こんな状況なら普通は、落ち込むのであろうが「自分は違う!!」と根拠のない自信に支えられていた。

その根拠のない自信の正体が、昨日はっきりした!!!!!

それが、「権利収入」の目処だった。

最近は、「権利収入」というとアヤシゲな仕事の誘い文句で、非常に誤解を受けやすい言葉になっているのだが、この自分の場合は明確に違うので、自信を持って次のステップに進む事が出来るのです。

なんといっても、特許庁からのお墨付き「特許査定」の連絡を得たのですから・・・・

しかし、今のままであれば、「特許」を得て、「特許証」を額に入れても、それは「カレンダー」並みの壁の飾りでしかない。

それを「金の卵を産む鶏」に変える働きが必要ですが、それが楽しみになりました。

これで商品化を出来ると、孫たちにお小遣いをやれるようになれるのだから・・・・

ただ、これは自分一人の特許ではないので、早急にもう一人の特許権者と煮詰めなければならない問題があるが、これも楽しみの一つとしましょう!!!!

分け前??

それを、自分の方から言い出すつもりはないです。

先方の申し出をそのまま受け入れるつもりです。

コメント

hideziiさん

2013年07月29日 21:24

月うささん、自分の立場は「微妙」なので、これを一人でも多くの方に理解して頂くことが大切だと考えていますので、「理論武装」をしておく必要があるのです。

どこかの国の憲法・条みたいな条文下にいたら、相談者をすら納得させられませんので・・・・

月うささん

2013年07月29日 20:14

こんばんは^^

ご丁寧な説明ありがとうございます。

hideziiさん

2013年07月28日 22:15

月うささん 


月うささんが正しく「食品のパイの意味」と理解されているのであれば、それはそれで結構です。

今まで、「パイ」と言う表現を語り合った相手の殆どが「食品のパイ」と思っていたから、敢えてコメントに含めただけです。


<・要するに行政書士、司法書士に依頼せずに書類を作成する仕事なんですね?
(非弁行為は弁護士資格の無い人が報酬を得る違法行為と思いますが・・・)>については、一々「行政書士法違反、司法書士法違反と書くのも煩わしいので一括りにしただけ」です。

特許申請は、「弁理士」が代理で行うので、その資格を有しない人間が行うと、やはり「弁理士法違反・”非弁行為”」と言われます。

月うささん

2013年07月28日 20:46

こんばんは
やはり・・・私には、ご説明が難解でございます^^;

>自分はこれを「弁理士資格」無しで、法的に違反すること無しに成立させることを、仕事にしています

・要するに行政書士、司法書士に依頼せずに書類を作成する仕事なんですね?
(非弁行為は弁護士資格の無い人が報酬を得る違法行為と思いますが・・・)

>巷間で、このような場合に使用する「パイ」は、「食品のパイの意味」に誤用されていることを伝えたかったのです。

・分け前のΦですよね?何故食品のパイの意味で比喩されるのか・・・

hideziiさん

2013年07月28日 13:42

自分の立場は、「共同出願者」です。

ですから、持分の違いはありますが、対等の立場です。

もし、その立場にならないと、自分は「非弁行為」と言う、結構重い罪を犯すことになります。

「代書」費用を貰うことは、「司法書士」「行政書士」などの関する法律にも違反することになるので、今のところ「ただ働き」です。

巷間で、このような場合に使用する「パイ」は、「食品のパイの意味」に誤用されていることを伝えたかったのです。

しかし、これからが本番なのです。

月うささん

2013年07月28日 11:26

こんにちは^^

私には難し過ぎて説明がよく分かりません(−−;
要するに単管のΦですよね?
カットする角度によって同じΦでも面積が変わるのは当然ですが・・・
あれ?これってhigeziiさんの分け前設定の説明なの?(笑)

higeziiさんが特許の出願用紙を書いて出されたので
(商品化の出資金がゼロなので)
単純に代書費用の請求で宜しいかと。

その後、アドバイザー(?)としての報酬交渉をどうするか?って事ですか?

hideziiさん

2013年07月27日 18:22

月うささん 、コメントありがとうございます。

自分は、出資金ゼロです。

この特許出願の基本アイディアの相談を特許出願名義人から受けて、自分はそれを出願書類にまとめるなど、特許出願書類とテストの仕組みを組み立てたこと、これからの交渉についてのアドバイスを含めたサポートが役割ですから・・・・

自分はこれを「弁理士資格」無しで、法的に違反すること無しに成立させることを、仕事にしています。

自分のこれからの出番には、分け前のφ(ファイです。俗に”パイ”と言って、まるで{』ピザパイ』の大きさのようにとらえられていますが、あれは「意味」「用法」の二重に間違えて使っています。)大きさがかかっているので、慎重にならざるを得ません。

要するに、「小さな円」か「大きな円」のシェアーの意味、即ち”円周率の数学記号のφ(ファイ)なのです。

同じ角度、例えば30度でも半径10cmと20cmと違えば面積が大きく変わることと同じなのですから・・・・・

月うささん

2013年07月27日 17:05

higeziiさん こんにちは^^

どんな特許なのか分かりませんが
カレンダーが金の卵になりそうですか?
商品化した際の分け前(利益)は
出資金に比例するんでしょうが・・・
うまく行くといいですね。