趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

★「第七回、ゆう句会」 2013.8.25

☆チャレンジ!「第七回、ゆう句会」のお知らせ 2013.8.25

*コミュの句会も第七回目となりました。
 暦のうえでは立秋を過ぎましたが、残暑の厳しい日々を過ごされてると思います。
 今月からは秋の季語と致しますのでご了解をお願いします。 

 ?投句は、「一人四句」とします。
  *期日 本日から再来週火曜日の20時まで(25日〜9/10日、締め切り20時まで)
  *題詠、兼題を提示させていただきます。
   ・題詠は、「人」を提示させていただきます。
     *ただし「人」だけでは季語でないですので、別に「季語」を付けてください。
      例)家のなき人二万人夏の月(正岡子規)
   ・兼題については従来同様「当季雑詠(秋の季語全般)」といたします。
     *最低でも、題詠〜一句を作句願います(基本・・題詠〜一句 兼題〜三句)
     *ただし題詠で詠めない方は兼題4句(当季雑詠)も可能とします。
   ・尚、投句される作品は未発表句とします。 

 ?投句については、管理人(遊子)宛にミニメで送付をお願いします。
   ・尚、送付された句の差し替えは致しませんので、良く吟味のうえ送付をお願いします。

 ?披露(発表)と選句(ミニメで送付)・・披露はコミュの「ゆう句会コーナー」にて
   ・披露(発表)11日
   ・選句は「一人四句選出(特選〜一句、並選〜三句)」
       (句の番号をミニメで送付して下さい)11日〜15日、20時まで
   ・特選〜2点、並選〜1点とします。

   ・四句の内、最も良い句を「特選」とし「特」を付けて、
     句の番号を私(遊子)宛にミニメールで送付して下さい。
       ★(例)100、101、102特、103

     *清記係(遊子)は選句不可としますので、ご了解願います。

 ?結果披露と講評・・コミュの「ゆう句会コーナー」にて披露、16日〜18日まで

 ?散会     ・・終り次第終了

コメント

夢見る花子さん

2013年09月19日 16:47

久しぶりに参加させて頂き、皆さんの秀句に、びっくりしました。

なかなか上手くは詠めませんが、これからも勉強させて頂きたいと思います。

又三郎さん

2013年09月18日 09:42

遊子さんのお陰で思わぬ
出来事です、
嬉しい一日でした。
今からも皆さんの詩から勉強させて頂きます。
有難う御座いました。

もこぽんさん

2013年09月18日 08:01

遊子さん
清記ご苦労様でした

俳句の奥の深さを実感しています
皆様の俳句をお手本に俳句を楽しんで行きたいと思います

遊子さん

2013年09月18日 07:14

*今月の句会参加者(順不同&敬称略)の4句の中で、一番よい句を抽出しました。

もこぽん ・山嶺へ一人静かに月落ちる     *掴みが面白い。「一人」を工夫すれば。
きく   ・絵手紙にをんな文字添へ鳳仙花   *雰囲気が良い。
しぐれ  ・葉の先のいく風で知る秋気かな   *発見が良い。「知る」は要らないか。
ねづこ  ・待ちぼうけ顔みるまでの秋の暮   *待ちぼうけしたる顔が色々と想像させる思惑。
たまご  ・墓参り家の違えば石違う      *当然のことを当然に詠むことの難しさ。
ひらり  ・菊月の夕餉に足らぬもの一つ    *何が足りないだろうと余白あり。
チュウ  ・土用入り朝の図書館並ぶ人     *取り合わせが面白い。図書館に並ぶ理由を詠むと〜。
枯れ木  ・八月の罪を剥がすやカレンダー   *不思議だが面白い。「罪を剥がす」を推敲すれば〜。
同仁   ・顔隠し月下美人に朝が来る     *月下美人に朝が来たというのが傑作。「顔隠し」を推敲すれば。
ひまわり ・なんとなくあの人に似し田の案山子 *実感♪「田の」は不要。「案山子翁」ではどうか?
夢見る  ・秋の空ひとり夜明けの露天風呂   *艶のある句。
井戸野  ・坂道も足取り軽く秋遍路      *実景がすとんと来る。「足取り軽き」と切ったらどうか。
又三朗  ・夕映えのショパンのタクト猫じゃらし*なるほどと思わせる一句。何故ショパンなのか聞きたい。
すすき川 ・どぶろくに車座の人前屈み     *前屈みが発見。どこの場所だろうか?漁港か?

遊子さん

2013年09月18日 07:08

*今月も秀句、佳句が多数揃いました。
どれも甲乙つけがたく秋の面影を偲ばせる句になり管理人としても嬉しい限りです。
その中から「又三朗さん」の句が最高得点5点句(特選×2人)に選ばれました。
日頃の精進の賜物だと思っています。

一席 :51:夕映えのショパンのタクト猫じゃらし :又三朗  作

*「指揮棒(タクト)と猫じゃらし」言われてみると。なるほどと思わせる一句。
普通ですとワルツ・先生・風とか考えるところですが
ショパンをもってこられたのが面白い。


二席 :06:野心には無縁な人や蕎麦を打つ    :ひらり  作

*「野心と蕎麦」それも黙々と打つ姿が響き合ってます。
私なら花好きだから「蕎麦の花」としたんだろうが、やはりここは「蕎麦を打つ」が動かないですね。


二席 :22:せせらぎの流れをせかす法師蝉    :同仁   作

*「流れをせかす」という措辞が面白いでした。
せせらぎと相まってツクツクオーシと鳴く声が聞こえてきそうです。 



三席 :37:日の暮るる築山すべて露葎      :遊子    作
   :54:掘り出した甘藷並びぬ児童館     :遊子    作

*私の句も三席で、4人の方に選をしていただきありがとうございます。
いつもの散歩コースの築山を眺めての句です。



*ちなみに私の選は「24、32、53、57特」です。

24、天高し空にぽっかり飛行船      :ひらり   作
32、待ちぼうけ顔みるまでの秋の暮    :ねづこ   作 *待ちぼうけしたる顔が色々と想像させる思惑。
53、絵手紙にをんな文字添へ鳳仙花    :きく    作 *雰囲気が良い。
57、菊月の夕餉に足らぬもの一つ ・・特 :ひらり   作 *何が足りないのだろうと思わせる余白あり。

*その他、素材が面白いと思ったのは・・15、51

15、山嶺へ一人静かに月落ちる      :もこぽん  作 *掴みが面白い。「一人」を工夫すれば。
51、夕映えのショパンのタクト猫じゃらし :又三朗   作 *何故ショパンなのかが聞きたい。

よれよれ同人さん

2013年09月17日 21:14

今回の「ゆう句会」も素晴らしい皆様の秀句ばかりで選句させて戴くのに悩みました。

  一席
     夕映えのショパンのタクト猫じゃらし   又三郎

      特選に選ばせてもらいましたが、「猫じゃらし」の風になびく情景を
      「ピアノソナタ」の曲の緩やかなメロディ-の調子に表現なされた
      詠み人のセンスに感心しました。

  三席

     日暮るる築山すべて露葎    遊子
  
       選句させて戴きましたが、雑草扱いされる「葎」を見事に存在価値の
       ある、情景に詠み込まれた表現に感服しました。

   まだまだ他の句も素晴らしい句ばかりでが、拙い感想しか出来ませんので
   又の機会にしたいと思います。
    拙い私の句を選句いただいた
     「 ひまわりさん、たまごさん、しぐれさん、チュウさん、ひらりさん」
    有難うございました。

又三郎さん

2013年09月17日 20:29

何時もお世話になります

一席なんて、遊子さん初め皆様のお陰と
思います、有難う御座います
此れからも宜しくお願いします。

たまごさん

2013年09月17日 18:28

皆様こんにちは。
とても良い句ばかりで選句が難しかったです。

18:天高し球場跡のサキソフォン
特とさせていただきました。
ロックの音楽かのように、スカッとした感じが特に惹かれました。

35:山下り恋に身を焼く赤とんぼ
選ばせていただきました。
上5で切れ字が使われていると、点数がもっとあがったかしら?とも思うのですが、
赤とんぼの赤を恋に身を焼いているとしたのが、とても面白いと思いました。

他にも佳句ばかりで、次回の句会が楽しみです。

朱久瑠さん

2013年09月17日 16:27

こんにちは〜。(^〇^)三席に入って、喜んでいます〜。(^〇^)皆さんのお陰です。ありがとうございました〜。(^〇^)

枯れ木の日向さん

2013年09月17日 08:17

おはよう御座います。

今回は、選ぶのが難しかったですね。皆がよく見えて悩みましたよ!

レベルが高くなったのでしょうかね。

これからも宜しく御願いします。

遊子さん

2013年09月17日 07:53

☆第七回目、ゆう句会・得点成績表「14人×4句.1人×2句発表、11人×4句選出(特1、並3)」

*13年9月句会の成績は次の通りです。*○・・特選 

作品
一席 :51:夕映えのショパンのタクト猫じゃらし :又三朗 作:・同仁○・しぐれ○・ねづこ:5
二席 :06:野心には無縁な人や蕎麦を打つ  :ひらり  作:・ひまわり○・すすき川・夢見る:4
    :22:せせらぎの流れをせかす法師蝉  :同仁 作:・ひまわり・たまご・しぐれ・チュウ:4
三席 :18:天高し球場跡のサキソフォン     :又三郎  作:・たまご○・ひらり:3
    :25:秋なすび貰って嬉し母の味      :ねづこ  作:・もこぽん○・ひまわり:3
    :33:ヒグラシの鳴く合いの手や虫の声  :夢見る花子 作:・チュウ○・ねづこ:3
    :37:日の暮るる築山すべて露葎      :遊子    作:・同仁・枯れ木○:3
    :54:掘り出した甘藷並びぬ児童館     :遊子    作:・すすき川・ひらり○:3
    :57:菊月の夕餉に足らぬもの一つ     :ひらり   作:・もこぽん・たまご・夢見る:3
次席 :02:なんとなくあの人に似し田の案山子 :ひまわり  作:・ねづこ○:2
    :10:人恋し練りゆく音色風の盆       :しぐれ   作:・夢見る○:2
    :30:バッタかな鎧衣装でいく戦       :しぐれ   作:・すすき川○:2
    :04:手のひらに万の皺寄す花野人    :遊子    作:・もこぽん・同仁:2
    :16:杖といふ人になりたき夕月夜     :遊子    作:・同仁・枯れ木:2
    :53:絵手紙にをんな文字添へ鳳仙花   :きく    作:・枯れ木・夢見る:2
他   :13:秋桜のなかで人々ハイポーズ     :井戸野   作:・ねづこ:1
    :20:八月の罪を剥がすやカレンダー    :枯れ木   作:・すすき川:1
    :28:主夫業はチンで賄ふ枯れ芒      :きく    作:・枯れ木:1
    :31:台風の風に拳の硬くなり         :たまご   作:・しぐれ:1
    :35:山下り恋に身を焼く赤とんぼ      :きく    作:・たまご:1
    :36:国難の如き残暑続きける        :チュウ   作:・もこぽん:1
    :38:明け凪の水面に落とす白の月     :もこぽん  作:・チュウ:1
    :42:日足のび障子の白き秋日和      :又三郎   作:・チュウ:1
    :43:葉の先のいく風で知る秋気かな    :しぐれ   作:・ひまわり:1
    :44:白き手の闇を引き寄せ風の盆     :同仁    作:・しぐれ:1
    :50:秋の空ひとり夜明けの露天風呂    :夢見る花子 作:・ひらり:1
    :52:草舞台跳んで奏でる鉦叩き        :同仁    作:・ひらり:1


*以上に決まりました。脱字・誤字等がありましたらお知らせ下さい。

*今月の句会参加者(順不同&敬称略)、どうも有難うございました。

・もこぽん ・きくちゃん ・しぐれッコ ・ねづこ ・たまご ・ひらり
・チュウ ・枯れ木の日向 ・よれよれ同仁 ・ひまわり ・夢見る花子 ・井戸野蛙
・又三朗 ・すすき川 ・遊子 

*句の鑑賞と選句の講評を、このコーナーにお願いします。(16日〜18日時まで)
 
*その後、散会とします。

*来月初旬頃「第八回目の句会」を予定してますので、多数の方々の参加をお願いします。

遊子さん

2013年09月11日 07:12

☆第七回目、ゆう句会 ・題詠「人」・兼題「当季雑詠(秋の季語全般)」
 参加者 15名   58句(内〜1人、二句)

01、手鏡に人の情けと鰯雲
02、なんとなくあの人に似し田の案山子
03、行く秋や隣の人のあくびかな
04、手のひらに万の皺寄す花野人 *皺(しわ)
05、人の世に生まれし定め秋思かな
06、野心には無縁な人や蕎麦を打つ
07、どぶろくに車座の人前屈み
08、顔隠し月下美人に朝が来る
09、人情が行きかう村や秋祭り
10、人恋し練りゆく音色風の盆
11、寂滅の人に送るや大文字
12、土用入り朝の図書館並ぶ人
13、秋桜のなかで人々ハイポーズ
14、人一人足の音きく月夜かな
15、山嶺へ一人静かに月落ちる
16、杖といふ人になりたき夕月夜
17、あの人を迎え縁者の盂蘭盆会
18、天高し球場跡のサキソフォン
19、コスモスの可愛いしぐさ真似たいな
20、八月の罪を剥がすやカレンダー
21、落ちりんご大前掛で拭いけり
22、せせらぎの流れをせかす法師蝉
23、切れ落ちた岩稜歩き霧の中
24、天高し空にぽっかり飛行船
25、秋なすび貰って嬉し母の味
26、居酒屋やどのテーブルも枝豆が
27、墓参り家の違えば石違う
28、主夫業はチンで賄ふ枯れ芒
29、ほうずきの一つ供える灯かな
30、バッタかな鎧衣装でいく戦
31、台風の風に拳の硬くなり
32、待ちぼうけ顔みるまでの秋の暮
33、ヒグラシの鳴く合いの手や虫の声
34、放牧の馬の欠伸や花芒
35、山下り恋に身を焼く赤とんぼ
36、国難の如き残暑続きける
37、日の暮るる築山すべて露葎 *葎(むぐら)
38、明け凪の水面に落とす白の月
39、秋桜と一緒に歩く畝傍山
40、裏山できのこを取りし幼き日
41、パソコンの虜になるや芋の秋
42、日足のび障子の白き秋日和
43、葉の先のいく風で知る秋気かな
44、白き手の闇を引き寄せ風の盆
45、街の灯も薄れし空に鱗雲
46、坂道も足取り軽く秋遍路
47、陽の玉のはしりゆくかな鰯雲
48、八月尽三段跳びでかわりゆく
49、転寝にラジオの守りや夜長爺
50、秋の空ひとり夜明けの露天風呂
51、夕映えのショパンのタクト猫じゃらし
52、草舞台跳んで奏でる鉦叩き
53、絵手紙にをんな文字添へ鳳仙花
54、掘り出した甘藷並びぬ児童館
55、秋立つやクルマの音と風の音
56、年老いて心引かれる菊の花
57、菊月の夕餉に足らぬもの一つ
58、鬼やんま孫の頭に忍び寄る


*以上58句・・選句をお願いします。
 原句を写しましたが、もし間違いが有りましたらお知らせして下さい。
 
*選句は、一人四句選出「特選(二点)〜一句、並選(一点)〜三句」とします。
 四句の内、最も良い句を「特選」とし「特」を付けて、句の番号を私(遊子)宛にミニメールで送付して下さい。
  
   ★(例)100、101、102特、103
 
 締切は・・11日〜15日、20時まで *但し選句が終り次第、結果を発表します。

*今月の題詠「人」につきましては、前回一席の「たまごさん」から提示いただきました。
 この場を借りまして、お知らせします。

注)自選不可です。(自分の句は選出できません)