趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

よろしくお願い致します

私も落語とお酒が大好きです。私から落語とお酒を取ってしまったら何にも残りません。

 落語と酒が衣類を着て歩いているような者です。

 京都に来て6年、江戸落語が聴けず寂しいです。専ら蓄音機でレコードを。先代の可楽師が大好きです。今の話しかでは鳳楽師が。

 お酒は京都には日本3大酒所ですが、私は京都の酒は好みません。休日には北陸地方に美味しい酒を求めて放浪の旅へ。

 今後ともよろしくお願い致します。

コメント

ゆめごこちさん

2013年09月19日 05:45

京都を襲った台風18号。

 普段は自然災害と余り関係の無い所、それが京都でした。為に都が1200年間置かれたと言われています。

 京都の地形、南に行くほど低地になっています。最南端の区「伏見区」はかつて伏水と呼ばれた所。東山三十六峰に降った雨がここ伏見に湧き出る言われ、良質の水が飲めるので、多くの酒蔵が建ったのだとか。

 その伏見にも台風の爪痕が。 今後の酒造りが心配です。

ゆめごこちさん

2013年08月27日 07:15

昔、大学の2年生頃、当時有楽町に在った、東宝演芸場でときたま「艶笑落語会」があり、根が好き者の私は、学校の講義を抜け出し止せばよいのに寄席通い。

 最も学校の講義より寄席の講義の方がよっぽど為になりました。

 志ん生師のまくら「え〜今日はあんまり、学校ではおしえねえ話をします」で始まる噺は絶品でした。実際に寄席に行かなければ聴けない噺でした。

ゆめごこちさん

2013年08月22日 10:41

みずきさん

 こんにちは。みずきさんは関西で生まれ今は千葉でお過ごしとか、私は千葉県で生まれ、東京で育ち、今は京都で細々と生きています。

 蓄音機で聴く落語や音楽、慌ただしいですよ。レコード一枚に毎に針を代えないといけないのです。手元に酒が有る時は針のチェンジが面倒なので電蓄(電気蓄音機・・・なんと懐かしい言葉)で聴くのですよ。

 月に一度は神田神保町の古本屋街を有る事を無常の喜びとしていますので、オフ会と重なりましたら参加させて頂きます。

 その際にはよろしくお願い致します。

みずきさん

2013年08月21日 22:54

ご挨拶が遅れました。
管理人をしております、みずきと申します。
数あるコミュの中で、「落語とお酒」に参加いただきありがとうございます。

蓄音機で聴く落語、粋ですねー。

京都にお住まいなのでなかなか「オフ会で一杯」というわけには行きませんが、是非ここで色々なお話ができれば。。。。と思います。

どうぞよろしくお願い致します。

ゆめごこちさん

2013年08月21日 12:41

ZUZUさん

 こんにちは。只今東寺の「弘法市」から帰りました。この暑さ、何時もより骨董屋さんの数、一割減です。お客さんの数も心なしか少な目。

 江戸末期の織部の徳利を購入して来ました2個6000円を4000円で。今夜はこれで酒盛りを。

 私は物事に造詣が深いわけでは有りません。単なる道楽者。友は私の事を道に落ちる道落者だと言います。当たっているだけに私は辛い。

Zuzuさん

2013年08月21日 10:25

蔵粋ーclassicさん こんにちは。

相当のマニア、いえ何事にも造詣の深い方と
お見受けしました。
お仲間が増えて、このコミュも益々の充実
ですね、管理人さ〜ん。^^

よろしくお願いします。

ゆめごこちさん

2013年08月21日 08:04

沢庵さん
 私が蓄音機を愛する訳は、蓄音機からの音は何故か優しく感じる事と、落語や音楽を聴くためのレコードを多く持っているからです。

 今でも蓄音機に使用するレコード針は東京神保町のFレコード店で手に入ります。800本、1000円で。

 私は人間も古いのですが、手元に置いて有る物、殆どが骨董品です。それは何故か?作り手がハッキリしているからなのです。車も1937年式と1958年式の車です。勿論車検もあります。カメラもニコンSやF2を愛用しています。デジカメは持参していません。特別の時にはライカを。

 日本酒も四季造りの酒は呑みません。杜氏が汗と涙で醸す酒を愛します。

 クダラナイ拘りだと言ってしまえばそれまでですけどね。

沢庵さん

2013年08月20日 23:42

蔵粋ーclassicさん
音源は蓄音機のレコード、利き酒師、調理師免許とはすばらしいですね。

音源はiPod、缶ビールとピーナツの私などはるかにおよびません。

いろいろとご教示ください。どうぞよろしくお願いします。

あいあいさん

2013年08月20日 18:51

蔵粋さん
利き酒師と言い、ツマミのための調理師免許と言い、まったく恐れ入谷の鬼子母神ですね←いいなさんからパクりました(笑)

落語も詳しそうなので、色々教えてくださいね。
よろしくお願いします。

ゆめごこちさん

2013年08月20日 17:01

私は落語「王子のキツネ」で名高い飛鳥山辺りには住んだことがありますが、入谷には。

 あっはは。またお話いたしましょう。

いいなさん

2013年08月20日 16:39

蔵粋ーclassicさん ははは。徹底してますね。

「利き酒師」ですか。初めて聞きました。
酒に合ったつまみを作るために調理師免許も…。
おそれ入谷の鬼子母神ですね。

ゆめごこちさん

2013年08月20日 16:18

いいなさん

 こんにちは。私のPHネームはクラシックと言います。蔵はそのまま「くら」で、粋(いき)をシックと読んでください。

 はい  落語は高校以来です。学校が品川駅前に、大学が三田でしたので、授業はそこそこに当時有楽町に在った「東宝演芸場」に通いました。

 酒は高校から山岳に所属していましたので冬山では寒さ凌ぎにお酒を!それ以来日本酒オンリです。15年前に「利き酒師」の資格を取りました。美味しいツマミを作りたいために調理師の資格も。本業は建築士です。

 そろそろ台所に立ち、ツマミを作る事に。酒は福井の銘酒「黒龍」を。

いいなさん

2013年08月20日 16:04

蔵粋ーclassicさん こちらこそよろしくお願いします。
ところで ↑ なんて読むのでしょうか?

落語もお酒も、かなり年期が入っているようですね。