趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

六甲遭難最悪のペース

今年1〜3月に兵庫県内で起きた山岳遭難10+ 件は18件29人で、記録が残る1993年以降で最悪だった2010年同期(11件20人)を上回るペースで発生していることが27日、兵庫県警への取材で分かった。登山ブームを受け、県内では3年連続で遭難者が100人を超えた。携帯電話の普及で通報が容易になったほか、準備不足なども背景にあるとみられる。

 県警によると、県内でも登山やハイキング中の山岳遭難10+ 件が相次ぎ、10年の遭難者は93年以降で最多の118人(81件)に達した。11、12年も100人に上り、半数以上を60歳以上のシニア世代が占めた。

 今年1〜3月は10年同期をさらに7件9人上回った。シニア世代では60代の6人が最多で、40、50代が各2人、70歳以上が3人。転落による死者は70代で1人だった。

 原因別では、準備不足で道に迷ったケースが約7割を占め、六甲山系での遭難者が半数の14人。3月には高校生の6人グループがハイキングで六甲山に入ったが、日没で道に迷い救助された。

 春の行楽シーズンを迎え、県警は登山計画書の提出のほか、衛星利用測位システム(GPS)付き携帯電話や予備電源の携行を勧める。県警地域企画課は「昼すぎや夕方からの入山はやめ、六甲山でも事前準備はしっかりしてほしい。GPS付き携帯電話を持っていれば早期の救助にもつながる」と呼び掛けている。

コメント

ピークさん

2013年05月08日 11:37

かすみんさん

やはり道迷いが多いですね
コンパスも地形図も持たないで山に入ってくる人が多いです
六甲でもよく見かけますが、ガイドブックをコピーして歩いている人が
観光登山でしょうね。時代の流れでしょうか

僕も中学生の時、六甲で遭難しそうになった時があります
ライトも地図も持たず芦屋から宝塚まで歩いたときでした。
道に迷い真っ暗な山道友達3人で宝塚夜11時に下山でした。
あの時の山の怖さは今も忘れられませんわ

かすみんさん

2013年05月07日 15:46

やはりシニア世代が道迷い多いのでしょうか?
地元の方など、昼過ぎや夕方から入っている人も多いのに
入山規制にでもなったらたいへんですね。